« 小さな幸せと新たな不安 | トップページ | 光と無と »

2010年11月17日 (水)

冷徹なる炎

ふと冷静になったとき、無駄なことをしている自分に気付きました。


X31でSATAのSSDが使用可能になった以上、プチフリSSDと付き合い続ける理由は消失しましたが、このままFlashFireのテストに突入します。(ここで挫けると、このブログの存在理由まで消失するかも)

X31_off04 本体内蔵がTS32GSSD25-Mで、ウルトラベイ2000にFTM28GL25Hを搭載したので、DiskPartを用いて物理的な接続順位を確認しました。"Disk 1"となっています。

 

X31_off05 今回はOpenFlashFireのf0002に再挑戦です。インストール後、再起動せずにレジストリを書き換えます。自前の支援ツールで"DiskNum"を0から1に変更しました。私の場合は0にもプチフリSSDが存在するので危険はありませんが、この設定を間違えると起動不能になるので慎重に行って下さい。

 

X31_off03 再起動後のベンチマークです。前回同様に意味も無くCrystalDiskMarkの最新版です。

4Kのランダムライトに効果が見て取れますが、体感上の差は感じられません。シーケンシャルライトの低下は、バッファを設けたことによるオーバーヘッドかと思われます。

 

X31_off01 前回との比較のために、4KB3万個の解凍を行ったところ、6分でした。

時間の短縮と同時にCPUの使用率も上昇していますが、解凍中であっても他のアプリは起動できました。

 

X31_off02 offmon.exeによる監視情報です。

BufferSizeが8MBから12MBに自動可変しています。最大値は256MBですが、解凍中でも12MB以上になりませんでした。メモリは1GB積んだので、エコな精神は捨てて欲しいところですが。

ちなみに、3万個をごみ箱に捨てると、やっぱりプチフリです。

 

C300、Intel、Indilinxを保有する今となっては、どれでも搭載可能です。ただ、せっかくX31にJMicronが2基という夢(?)のようなテスト環境を整えたので、しばらくはFlashFireの行く末を見届けたいと思います。もっとも、立て続けに本体が故障したおかげで、このような事態になったわけで...

|

« 小さな幸せと新たな不安 | トップページ | 光と無と »

SSD」カテゴリの記事

ThinkPad」カテゴリの記事

X31」カテゴリの記事

FlashFire (旧FlashPoint)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冷徹なる炎:

« 小さな幸せと新たな不安 | トップページ | 光と無と »