« 過保護なノートン | トップページ | 無いほうがいい道具 »

2011年10月21日 (金)

PCとMacのスキマ

「パソコン買うなら、どれがいいの?」

知人縁者に聞かれると困る質問その一。私は初心者ほど一定以上の性能が必要だと思っています。知識があれば足りない機能や性能不足を補うこともできますが、それを説明することはしません。結果、本人の希望に添った最も安価な機械が投入されます。

「マックは使いやすいの?」

質問その二。私も操作性に優れていると思うからこそ使っています。しかし、周囲にマックユーザーがいないと孤独な苦行を強いられることになります。よって、初心者に薦めることはしません。


初心者ではありませんがローエンドのノート(Lenovo G550)を持つ友人が、iPhone 4Sを購入して満足しているが、逆にノートの速度が不満だと漏らしました。Macへの機種転換も考慮しましたが、ファミレスでの数時間の検討の結果、SSD換装が最も確実だろうという結論に至りました。

128m2s_3gbps 選択したのはPLEXTORのPX-128M2S。

XPをインストールする可能性もあったので、劣化の自動回復が期待できる、もしくは回復ツールを持つ、さらに4Kアライメント未調整でも影響が少ないことが条件でした。(本人には説明せず) パーティションの縮小などリカバリーの手順を省くために100GB以上ということでIntelの320シリーズが候補でしたが、瞬間的な価格事情によりPLEXTORを購入。(新型のM2Pは必要無いでしょう)

Windows 7をリカバリーしたHDDからパーティションをコピーしたそうです。(作業は本人、一部電話で遠隔操作) 使ったツール次第ではアライメントが心配ですが、ベンチマークには影響無いようです。ファームも1.03でしたし、3Gb/s接続としては十分な速度が出ています。

本人は激速だと言っているので、投資に見合った結果は(心理的効果も)得られたようです。


続いて、物理的な隙間。

P1000372 釉掛けで取っ手の折れたティーポットです。

白萩釉を歯ブラシで掻き落とし、黒の化粧土を薄く掛けました。問題は蓋です。

 

P1000373 素焼きの段階では隙間無く収まっていましたが(むしろ外せないほど)、本焼きで蓋だけが大きく収縮しました。胴の形が外へ広がる方向に作用したのかもしれません。

多分に、私の技量が原因ですが...

 

P1000371 中空カップ第2弾。

二重構造のため重量が問題です。薄い側壁の負荷を減らす意味で、取っ手も最低限のものにしました。

こちらは、本焼き後に隙間が残るか心配です。

|

« 過保護なノートン | トップページ | 無いほうがいい道具 »

SSD」カテゴリの記事

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PCとMacのスキマ:

« 過保護なノートン | トップページ | 無いほうがいい道具 »