« プレビューいろいろ | トップページ | 100回、10000時間 »

2012年7月26日 (木)

山を越えて

OSの更新作業は一筋縄ではいかないものです。乗り越えるべき山がいくつも現れますが、私はその麓にすら辿り着いていません。


いよいよMountain Lionのリリースです。と言いつつ、時代遅れの私はMacBook Pro (MC371J/A)内蔵のSSD (C400 256GB)でSnow Leopardを運用し、Lionは外付けのSSD (C300 256GB)に追いやったままです。逆の発想をすると、このLionのアップデートなら失敗しても被害は無いので、躊躇は無用です。

Ml_inst01 そんなわけで、ダウンロード終了後いきなり作業開始。

普段なら、インストーラのイメージをSDカードなどに復元してから行いますが、手元に空き家のカードが無く、Lionの起動イメージを潰すこともできないので(理由は後述)、今回は省略。

Lion起動中の作業が数分、安全のため内蔵のSSDはマウントを解除しています。

 

P1000442 再起動されて、さらにコピーが続きます。

どのようなインストールでも、残り時間の表示は当てにならないのが相場ですが、今回はほぼ正確でした。作業と呼べるのはこれだけで、ただ待つだけです。

 

P1000443 放っておくと内蔵のSnow Leopardが起動してしまうので、optionキーで起動ディスクを手動で選択。

それにしても、元は"Recovery HD"だったはずのパーティションを、わざわざ意味不明な直訳にするのはどうかと思いますが...

 

Ml_inst02 無事に起動したところで、ビルド番号を確認。

OSの更新そのものはトラブルも無く(珍しくも)、あっさり終了しました。その後、iWorkを始めとする純正アプリケーションの更新が続きますが、これも問題無し。

Lionのときは、インストールの終了直前にエラーとなる不具合(ファイルのコピーは完了)が頻発していましたが、それも解消されたようです。

 

続いて、主だったアプリケーションの確認。

毎回トラブルになるNortonのAuto-Protectは無事でした。LiveUpdateも動作します。

更新をサボっていたFirefox 3.6は起動せず。15のBeta 2を上書きしました。

先日導入したPhotoshop Elements 10は無事起動。さらに必要に駆られてAcrobat Xもインストール、10.1.3までアップデートしました。私はこの2つを常用するので先行して投入しましたが、残されたCS2アプリケーションはRosettaなのでどうにもなりません。

やはり放置したままのParallels 7も起動しなかったので、build 15104に更新しました。そのままXPを起動してParallels Toolsのインストールが自動的に開始されますが、エラーにより中断、さらにイメージファイル破損によりXPが起動不能となりました。やむなく、Parallels 6のバックアップからイメージファイルをコピーして復旧しました。Parallels Toolsの更新も無事に完了して、その後は何事も無くParallels 7からXPが起動しています。当初の更新に失敗した原因は謎のままです。

SheepShaverも起動します。(OS 8.6) あくまで遊びです。

SEG CLIPはNHKの音声多重問題が再発し、無音となりました。それ以外の番組は問題無いので、今後調べてみます。

InsomniaTは一応動作しています。というのも、SEG CLIP起動/終了のタイミングで液晶がブラックアウトします。(開閉で復帰) もっとも、Power Napを完全否定する不眠動作ですが。

ちなみに、MacBook (Late 2006)は32bitEFIのため、Mountain Lionは(リカバリーも含めて)起動しません。SDカードのLionの起動イメージを維持したのはこのためです。


余談ですが、SSDに対するTRIMは無効のままです。ただし、有効にしたところでUSB接続で運用するMountain Lionには発行されず、内蔵のSnow Leopardはそちらで有効になっているので、急ぐ必要はありません。気が向いたら、再びバイナリエディタを使います。


P.S. 本焼きを終えた作品を回収しましたが、写真も撮らずそのままです。月末はMountain Lion優先ということになりそうです。

|

« プレビューいろいろ | トップページ | 100回、10000時間 »

Parallels」カテゴリの記事

SheepShaver」カテゴリの記事

OS X」カテゴリの記事

ワンセグ」カテゴリの記事

MacBook Pro」カテゴリの記事

コメント

yutaka様こんばんは。

やっぱり、従来のMacbook Pro(mid2012でさえ)では、SSDに換えてても目玉機能のPowerNapは出来ないんでしょうかね・・・
買い換え需要を促すためとはいえちょっとこすい気がするぞapple・・・!

MacbookProは光学ドライブにもSSD詰めるし、自分にとってパーフェクトな機種だったのに、売却&買い換えを迫られそう・・・

投稿: kakashi | 2012年7月27日 (金) 00時28分

おそらくSMCとSSDのファームウェアのサポートが必要となるために、Sandy Bridge以降のチップセットとPCIe接続のSSD搭載がPower Nap対応の条件なのでしょう。
ただし、特殊形状のストレージは本体故障時にデータ回収が困難なので、新型機の単体運用は少々怖いですね。同系の予備機が用意できればベストですが。

投稿: yutaka | 2012年7月27日 (金) 07時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山を越えて:

« プレビューいろいろ | トップページ | 100回、10000時間 »