« 失敗という名の | トップページ | 北へ »

2013年5月 1日 (水)

Case File : リバウンド

AirMac ExtremeにUSB接続された3台のHDDのうち、1台が不調です。マウントが解除される、ヘッドの待避が連続する嫌な音が聞こえる、こんな有様なのでついにHDDの故障かと思い解体しました。

すると...

P1000564 また電源基板上のコンデンサの膨張です。しかも、以前に修理した別の個体と全く同一の部品です。

BUFFALOの電源内蔵ケースは「グッドデザイン賞」を受賞したように、分解も簡単で良い設計ですが、これだけは持病のようです。

P1000565 前回の修理で予備に買ったパーツが手付かずだったので、さっさと交換。AMラジオの製作程度の経験があれば、半田ごて一本で誰にでも可能です。

ちなみに、私は予備も含めて計4台の同種のケースを所有しています。(うち1台はFireWire 400対応)

HDDを戻してS.M.A.R.T.を確認すると異常なパラメータは何も見られず、フォーマットやデータもそのままで元気に復帰しました。

 

ブログの主題のSSDに戻って、今月の定例報告です。Intelやcrucialはともかく、悪名高いJMicronコントローラのSSDまで長期運用していますが(FlashFireと共に)、一向に壊れてくれません。

Jmon13_may01 TS32GSSD25-M

4月分のAverage Erase Countの増加は56。ブロック消去の平均値は約60GB/dayの計算となります。

もちろん、このSSDが消耗レースのトップですが、50nm世代のNANDなので先は長そうです。

 

Jmon13_may02 FTM28GL25H

AECの増加分がたった3なので強引に計算すると、ブロック消去の平均は約13GB/day。

JMicronコントローラその2。MacBook時代に酷使されましたが、その後はX31でXPを起動するだけなので、JSMonitorの余命計算も見てのとおり。

 

Jmon13_may03 C400 256GB (070H)

ここ数ヶ月はAECの増加分が5で一定しています。一方、040Hから070Hを経て70GB前後まで低下していた上昇間隔は、最新の記録では100〜110GBまで回復しました。このままWrite Amplificationが改善するといいのですが。

もっとも、空き容量が10GB以下という非常識な運用なので、とても一般例とは言いがたい状況です。これも、iTunesのライブラリが65GBと肥大化したためです。

 

Jmon13_may04 C300 256GB (0007)

こちらはUSBケースに収めて、Mountain Lionのテスト環境となっていますが、陶芸の展示会の準備もあって先月は起動した記憶がありません。

よって、電源投入回数を除いて変化無し。

 

Jmon13_may05 X25-M 160GB (102M3)

Boot CampというよりWindows 8のみでMacBookを運用。

セキュリティ更新や、iPod touchへの録画データ(300MB弱)の転送ごときは消耗の誤差範囲です。

 

窯で主催された合同の展示会もどうにか乗り切ったので、今月はいよいよワイングラスの釉掛けと本焼きです。すでに素焼きの窯入れは終えました。

|

« 失敗という名の | トップページ | 北へ »

MacBook」カテゴリの記事

SSD」カテゴリの記事

HDD」カテゴリの記事

USB」カテゴリの記事

ThinkPad」カテゴリの記事

X31」カテゴリの記事

DIY」カテゴリの記事

JSMonitor」カテゴリの記事

MacBook Pro」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Case File : リバウンド:

« 失敗という名の | トップページ | 北へ »