« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月25日 (火)

大誤算

先日、TKPシアター柏の無料上映会へ行ってきました。上映時間に先行して窓口でチケットを発行してもらいましたが、席にはまだ余裕があるようでした。

作品はエディ・マーフィの「ビバリーヒルズ・コップ」、席は八割がた埋まり比較的年配の観客が大半を占めていました。

私自身は「48時間」や「星の王子 ニューヨークへ行く」など、また近年ではロバート・デ・ニーロと共演した「ショウタイム」を見ていますが、なぜか今作品だけは見逃していたので無料で2時間弱楽しませてもらいました。


彼の古い出演作に「大逆転」なんて邦題もありましたが、今回の私の陶芸は「大誤算」そのものです。

P1140566 雪により延期されましたが、ようやく窯入れとなりました。ただし、電気窯のみです。実は灯油窯の窯焚きは済んでいましたが、場所が足りず私の作品は後回しとなりました。

赤い釉薬は他の方の作品で、残りが私の金彩釉です。これは下から2段目の棚板でさらに2段積み上げました。

設定温度を入力して通電開始、あとは熱電対の温度を監視するだけでほぼ放置。その時間に新たな成形を始めました。


P1140568 前回ルーシー・リー風のどんぶりを成形したので、試しにデザインそのままを写してみました。

左は抹茶茶碗ですが、汁物にも使うつもりです。唐津の土で成形したのは久しぶりです。

 

P1140573 数日後、十分に徐冷されたはずなので窯を開けてみると...

釉薬が融けた気配がありません。どうやらブレーカーが落ちてしまったようです。最後に温度を確認したのは1000℃を超えた時点だったので、その直後に落ちたことになります。

仕方なく一から窯焚き再開。窯出しや輸送の準備が無駄になってしまいました。

 

P1140574 残りの時間はラーメン鉢2作目の成形です。元々依頼は2つだったのに、すっかり忘れていました。

これも唐津で、400gの土から手びねりで成形しました。削り終わって300gです。

 

中断してしまった本焼きの窯を再稼働させたのは初めてなので、結果は蓋を開けてのお楽しみです。次回はSSD達の定例報告ですが、とにかく自分以外の作品だけでも無事であることを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月17日 (月)

雪中強行軍

以前の記事に書いたように、私は「二百三高地」は何度も見ていますが、「八甲田山」はテレビ放映の一部を見ただけです。

私自身はリフトが止まる寸前の湯沢でスキーを強行したことがあります。関越自動車道は雪の壁が出来ていました。(ちなみにその当時は、機械式LSDとスタッドレス装備の軽自動車)


雪のため、二度に渡り中止となった釉掛けに辿り着きました。ところが、釉薬の保管された棚が吹き溜まりとなり、まずはシャベルを手に道を切り開いて、釉薬のバケツを掘り出す作業から始まりました。

前回準備した氷裂貫入釉も凍結せず無事だったので、さらに水を足して攪拌します。

P1140553 こちらは還元焼成なので灯油窯に入れる予定の作品。

手前の白い釉薬が氷裂貫入釉です。窯の主も結果は知らないとのこと。赤いマグカップは斑紋赤色釉、残りの棗とミニポットは青磁釉にしました。

 

P1140555 次に酸化焼成。私が担当する電気窯です。

今回は全て金彩釉を使いました。奥に見える茶碗と楕円皿も同じく金彩釉ですが、気泡が目立つため二度焼きします。

 

P1140554 その日の午後から成形したどんぶり。もっとも、ラーメン鉢として依頼されたものなんですが、なんとなくルーシー・リー風のデザインにしてみました。

土台を手びねりして、1段だけひもを積みました。土は備前、乾燥前で300gジャストです。

 

P1140559 P1140564 いよいよ窯焚きかと思ったらさらに雪、しかも朝から雨。再び、窯場の作業は中止です。

強風の中、近所のスーパーまで買い物を強行。みかんに某社ママレードのラベルのようなへたが付いていました。

 

P.S. 雪中行軍に使ったブーツの底が剥離しました。(私じゃありません) ゴムを積層した靴底だったので、パンク修理に使ったゴムのりを流用しました。接着面積が広いので全て使い切ってしまいましたが、効果のほどはまだ不明です。サイズが合わないので自分では歩行ベンチできません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月10日 (月)

氷裂

宇宙刑事の変身でも、チューハイのCMでもありません。今回は天候に祟られました。


守谷のジョイフル本田を訪れるたびに、気になっていた場所があります。

P1140517 P1140540 店舗の裏に隣接する豪農風の旧家の建物です。

実は、門をくぐった奥にそばとコーヒーの茶房が有ることを知り、チャレンジしたいとは思いつつも時間的余裕が無く、いつも眺めるだけで通過していました。

陶芸の小道具を調達するついでに(逆かな)、ようやくその機会を得ました。

 

P1140532 P1140536 私はかけ、同行者はせいろを注文、旧家の室内を見渡しながら15分ほど待ちました。私個人の感想では、せいろよりかけのほうがそばの香りが引き立つように感じました。

それ以上に驚いたのは、甘酒のように濃厚なそば湯です。おそらくそば粉を溶いているので、こちらがよりそばを楽しめるのではと思えるほどです。

今回はそばだけでしたが、次の機会にはぜひともコーヒーや甘味にも挑戦したいところです。ちなみに、小道具は木ベラを2本購入しました。


その肝心の陶芸は窯入れの準備です。

P1140545 もちろん釉掛けを予定していましたが、雪がちらつく天候のため釉薬が全て凍結。仕方なく釉掛けは断念、素地磨きと撥水剤を塗って下準備だけに終わりました。

また、半磁土の抹茶茶碗に使うつもりで、氷裂貫入釉を棚から発掘しました。数年使っていないとのことで、完全に乾燥していたので水で溶き、次回に備えます。

 

P1140544 これも半磁土で成形しました。ネット上で見た紙皿をそのまま陶器にしただけです。手びねりのままで表面の質感を残し、内面だけ薄く削って軽量化しました。

半磁土が余ったのでミニ急須も成形しました。三代山田常山氏の急須の写真が目の前にあったので真似てみましたが、無謀な試みでした。

 

P1140551 P1140550 2/9朝8時。当然ながら、窯の主から本日中止の連絡が。釉掛けはまた持ち越しです。

このままでは身動き取れないので、隣近所の人たちと協力して除雪作業となりました。

 

P.S. 手狭になったC400は外部ドライブにiTunesのライブラリを移動することで空き容量を確保しました。封印していたFireWire 400のケースと320GBのHDDにコピーしたので速度の低下が心配でしたが、それほどの支障は無く期待以上でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 1日 (土)

MS「時間よ、とまれ」

ガンダムの14話では時限爆弾を仕掛けられてしまいますが、こちらも似たようなものです。

ある顧客のデータベースは、Apacheを介してブラウザで閲覧するシステムとなっています。ところが、古いCGIのため対応ブラウザがInternet Explorerのみ、しかもバージョン10ではデータの抽出に失敗することが発覚しました。(制作者不明のため未解決) そこで、Windows 7をIE9に固定するために10への自動更新をブロックしましたが、後日トラブルの連絡が...

現場でバージョンを確認すると"11"、どうやら10を飛び越して自動更新されてしまったようです。再び全端末に、マイクロソフト提供の自動配布の無効化ツールキットをコマンドプロンプトから適用する羽目に。

これでは、MSがIEを更新するたびに発動する時限爆弾と同じです。


SSD達の定例報告を続けます。こちらは時間が止まったかのように消耗が進みません。

Jmon14_feb01 TS32GSSD25-M

1月分のAverage Erase Countの増加は46、平均すると約50GB/dayのブロック消去となります。

最古参のSSDですが、1年前のデータと比較してもAECが600増えたに過ぎず、50nm世代の寿命が1万回と仮定してもまだまだ先は長そうです。

 

Jmon14_feb02 FTM28GL25H

AECの増加分は6だったので、平均すると約25GB/dayのブロック消去。

1月のXPのセキュリティ更新はスムースに完了しました。

 

Jmon14_feb03 C400 256GB (070H)

AECの増加はたったの1。上昇間隔は60GB、空き容量が5GB以下の運用が続いています。当然ながら、ワンセグ録画やiTunesのライブラリ登録はほぼ不可能です。

 

Jmon14_feb04 C300 256GB (0007)

MacBook Proに外付けにされてMountain Lionの起動用ですが、例によって出番無し。

S.M.A.R.T.取得でUSB接続したときの通電回数1のみ。

 

Jmon14_feb05 X25-M 160GB (102M3)

総書き込み量が7GBを超えましたが、それ以外に気になる数値の変化無し。

最近の主な任務は、Windows 8とFirefoxでココログの更新です。

 

Jmon14_feb06 C300 128GB (0006)

こちらはMacBookに外付けしたLeopard起動用。Parallelsに移植されたTurbolinuxが待機していますが、いまだ出動の気配無し。

冒頭のApacheサーバーはTurbolinuxです。

 

C400は耐久性の限界を迎えるよりも、運用上の限界が先になりそうです。もっとも、約60GBのiTunesライブラリを外部に退避させれば延命は可能ですが、できれば大容量のSSDに換装したいところです。


P.S. 近所の猫達

P1140506 こういった生き物の写真を撮るときも、「止まれ」と念じてしまいます。

望遠でレンズを向けましたが、気付かれてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »