« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月24日 (土)

茶イレーズカルテット

「ピタゴラスイッチ」のBGMで知られている「栗コーダーカルテット」の演奏は、「やる気のないダースベーダー」などと紹介されますが、ご本人たちは至って大真面目です。

私の陶芸も真面目に修行中のつもりですが、こんな日もあります。


前回の記事から時間が空いてしまいましたが、予告どおり窯出しの報告です。今回は全て灯油窯(窯の主の操作)による還元焼成です。

P1140888 これは依頼品のティーポット。半磁土に透明釉。

ダメ出しを受けて2作目が焼成待ちですが、こちらも併せて引き取られることになりました。

背後の手ろくろに茶入が乗っています。

 

P1140892 初花肩衝や松本茄子を写したつもりの茶入たち。備前の土に天目釉、蓋は白マットです。

釉薬の流れた景色はありませんが、一見すると無事に焼き上がったように見えます。しかし...

 

P1140894 畳付を見ればこの有様。

他の釉薬に合わせて窯の温度を上げたために、棚板まで釉薬が流れてしまいました。グラインダーで研磨しましたが、これではとても人にお見せできません。

 

P1140902 志野釉の茶碗。

こいつらが温度を上げた原因です。同じ素地と釉薬ですが、右の茶碗に微妙に朱が入っているのは別の日に焼いたためです。

 

P1140906 高台も遊んでみました。

写真集で不規則な五角形の高台を見かけたので、真似ただけです。全てフリーハンドで削りました。

 

P1140922 P1140926 これは赤楽茶碗の写し(自称)。

斑紋赤色釉もきれいに発色し歪みも少ないのですが、残念ながら茶碗としては小振り過ぎました。

 

P1140919 続いて、半磁土に青磁釉のどんぶり。ルーシー・リー風に高台も小さく削りました。

還元による青磁釉の発色も悪くありません。が、一点だけおそらく素地内の気泡による凹凸が目立ちます。

 

P1140920 P1140921 同じく青磁釉のミニポット。

これは釉薬の欠損や凹凸も無く、きれいに仕上がりました。ただ一つ、蓋の分離に30分以上掛かったことを除いて。

 

P1140927 さらに青磁釉のワイングラス。織部、天目に続いて3作目となります。

以前に成形した足の長いグラスに比べれば、はるかに成功率は高く3作とも無事でした。

 

いまだ電気窯の稼働予定は無く、私の作品も5点ばかり寝たままなので、再び茶碗、茶入の成形を始めました。また、図書館で別の写真集をお借りしました。


P.S. 数少ない完成品のワイングラスが折れてしまいました。(犯人は内緒) 今度は足のデザインに一ひねり加えたものを成形しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木)

○○駆除中

つい先日も仕事上でウィルス駆除の依頼を受けましたが、今は庭に生えた竹と格闘中。種名ははっきりしませんが、掘り出した地下茎を辿って数か所で切断しました。隣近所の方が剪定ばさみを持って協力してくださいました。


ゴールデンウィーク中は窯焚きもお休みだったので、ひたすら成形した作品が過剰在庫となってしまいました。

P1140857 これは依頼品のティーポット。1作目はボツとなってしまったので、これは2作目です。

デザインは、以前に亀裂を生じてしまった塩壺のリベンジです。

 

P1140858松本茄子と初花肩衝の写しのつもり。

初花は何度か成形したものの、微妙な曲線が再現できません。これもいまいちなので、後日再チャレンジします。

 

P1140859 図書館で借りた写真集に魯山人の志野茶碗が載っていたので、写してみました。当然ながら、本物とは程遠い出来ですが。

右の肩衝はまた失敗しました。

 

P1140872 三度目の正直。ようやく初花の曲線に近づきました。

茶碗は同じく写真集の熊川と天目茶碗を参考にしました。初めて使う白土なので、結果は窯の主も知りません。

 

P1140885 P1140886 で、素焼きが終わったらとにかく釉掛けです。

左が還元、右が酸化焼成の窯に入れます。実はこれ以外にも上記の茶碗が2客と、放置されていた作品があるので、計17作が本焼き待機中です。

 

灯油窯の窯焚きは週末の予定なので、還元焼成の作品は(茄子や肩衝も)来週の記事で報告できるかもしれません。天目釉がうまく流れてくれるといいのですが。


P.S. XPのSecurity Essentialsは復活したので、Internet Explorer 6も無事に更新されました。ただし、"msconfig"が起動不能となったままです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 2日 (金)

ただいま故障中

とある作業中に足首の靭帯を損傷したようです。とにかく関節をテーピングで固定して治療に努め、4月30日に臨みました。


壊れたのがSSDでなく私の足だったのが残念ですが、定例報告へと参ります。

Jmon14_may01 TS32GSSD25-M

4月中に増加したAverage Erase Countは68、平均すると約70GB/dayのブロック消去だった計算になります。

普段の値より若干消耗が進んでいる理由は後述します。犯人は...

 

Jmon14_may02 FTM28GL25H

同じく先月分のAECの増加は15、平均して約65GB/dayのブロック消去。

X31にインストールされたXPが、デスクトップの表示と同時に無反応になってしまうために、電源ボタンによる電源断を繰り返しました。おかげで前回より数倍の書き込み量となっていますが、この程度の変化で寿命全体への影響はありません。

その後、犯人がSecurity Essentialsだと気づき、セーフモードからサービスの停止とレジストリの削除を行い、4.4.304を再インストールしました。定義更新も無事に完了しました。


Jmon14_may03 C400 256GB (070H)

AECの増加分は1、上昇間隔は約160GBと前回よりさらにWrite Amplificationが改善しました。空き容量を確保した結果です。

もっとも、AECの全体数は235と寿命規定値の3000には程遠いわけで、気にするだけ無駄かもしれません。


Jmon14_may04 C300 256GB (0007)

引き続き、Mountain LionをインストールされたままのこのSSDは休業中。

月に一度だけUSB経由で通電するだけになって数ヶ月、中身のデータ(OSなど)に破損は見られません。

 

Jmon14_may05 X25-M 160GB (102M3)

MacBookがブログ更新に使われるようになってから、このSSDの使用頻度も増えていますが、消耗指数は99で止まったまま。

今回は代替セクタにも変化はありません。

 

Jmon14_may06 C300 128GB (0006)

上記MacBookのLeopard起動用。ただし、こちらも休眠中。

使用中のFireWire 800対応ケースを、後述するHDDの400と入れ換えるべきなのですが、いまだ実行されず。

 

Jmon14_may07 Travelstar 7K320

MacBook Pro (C400)のiTunesライブラリをこちらに退避させました。FireWire 400のケースを800のポートに接続していますが、速度的な支障は感じないのでそのままとなっています。

24時間運用なので1ヶ月分700時間ほど使用時間がカウントされました。

 

冒頭の4月30日とは、笠間の陶炎祭(ひまつり)のことです。昨年は同行者が膝を、今年は私が足首を痛めたままなので、皮肉なものです。

P1140884 こちらは必ず訪れる「WAKI工房」、大脇歩氏(同級生)のブースです。

残念ながら新作はわずかでしたが、5月の23~27日の日程で開く作陶展の準備のためだそうです。千葉の馬橋だと聞いたので、どのような作品が出展されるのか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »