« 釉掛けに始まり、夕暮れに終わる | トップページ | SNSいかがですか »

2014年6月28日 (土)

茶イレーズ再結成

前回のカルテットは失敗に終わりましたが、今回は松本参加のトリオです。

ちなみに、私のiTunesライブラリ内で松本と言えば、B'zやウルフルズとなります。


ブログの更新ペースが顕著に悪化していますが、ともかくも窯出しの報告だけはいたします。

P1160053 今回、窯から回収したのは6点。

後述しますが、ワイングラスは見事に失敗し、窯で晒し者となっています。

 

P1160059 P1160061 成形時は楕円皿のつもりでしたが、本焼きでさらに歪に。

益子の土に白萩釉、口縁に黒の化粧土を流し掛けしました。

 

P1160072 P1160073 鎬紋の青磁茶碗。焼成の収縮で小振りになってしまいましたが、発色は悪くありません。

ただ一点、見込み付近に気泡が生じたため、ルーターで研磨しました。

 

P1160074 P1160075 上記の半磁土に対して、こちらは信楽の白土。

より軽く仕上がったものの、素地の色と青磁釉の相性がいまいちでした。

 

P1160078 P1160079 茶入トリオ一点目。益子に天目釉。

松本茄子の曲線がうまく写せず、偏平になってしまいました。一方、釉の景色はより近いものが再現できたと自画自賛。

 

P1160082 P1160084 さらに茄子。唐津に天目釉。

こちらも松本茄子を写したつもりでしたが、釉のなだれなど全く異なる景色になりました。

 

P1160085 P1160087 初花肩衝の写しに挑戦し続けて何作目かすっかり忘れました。

次第に初花の曲線に近づいていますが、釉の景色はなだれも見られず、まだまだです。

 

例のワイングラス2客は、一方が脚が折れ、もう一方は飴のように曲がっていました。窯の主曰く、普段より窯の温度が上がってしまったそうです。私は諦めが悪いので、次は電気窯でチャレンジします。

|

« 釉掛けに始まり、夕暮れに終わる | トップページ | SNSいかがですか »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茶イレーズ再結成:

« 釉掛けに始まり、夕暮れに終わる | トップページ | SNSいかがですか »