メモリ

2012年6月17日 (日)

ファースト・コンタクト

膨大な時間と労力を費やし、自ら掘った穴を埋め戻すことになりました。私が作業前の確認を怠った結果です。


知人が13インチのMacBook Pro (Early 2011)を購入しました。Apple Storeの整備済製品で出荷型番がFC700J/A、つまりMC700J/A相当品です。すでにSSDを所有し、RetinaはiPadで十分との判断からこの選択となりました。

P1000430 私のMid 2010と同じく、到着早々に解体され、まずはメモリ増設。

用意したのはCFDが扱うBUFFALO印の8GB2枚組。標準の2GB2枚と交換します。

 

P1000431 これは外した純正品。

hynixとSAMSUNGのモジュールが混在していました。デュアルチャネルの機体では避けるべきなのですが。

 

P1000429 さらに、LenovoのノートからPlextorのPX-128M2S (1.09)を移植。

念のため、CD起動からMemtest86+ 4.20を一周させ、その後USBで外付けにした純正HDDからディスクユーティリティの復元を行いました。一回目は途中でエラーとなり、二回目で成功しました。(原因は後述)

ちなみに、"Recovery HD"の領域も自動的に作成されます。


2011mbp_ssd01 2011mbp_ssd02 で、気になるベンチマークを。

どうにも歪なグラフです。とくに、Xbenchのシーケンシャルリードは明らかな異常値です。元々低い数値になる傾向のベンチマークですが、このSSDのカタログ値は400MB/sを超えます。

 

2010mbp_ssd03 2010mbp_ssd04 参考までに、私の2010とC400 (000F)の結果を。

SATAポートが3Gb/sに制限されていますが、256KB付近のテストブロック以外では全て凌駕しています。

 

さらに、ここまでにカーネルパニックが数回発生しています。(シングルユーザーモードでの起動中がとくに) 2011モデルのMacBook Proは過去の事例より、Sandy BridgeのSATAポートが何らかの干渉を受け、6Gb/s (Gen3)の動作に支障があることが指摘されています。この機体は2つの内蔵ポートが共に6Gb/s対応で、SSDが6Gb/sリンクであることも確認しました。

この事態は想定済みだったので、直ちに純正HDDに戻しました。ところが、状況は改善されず。しかも、無線LANが11nで接続されているのに、数十KB/sの転送レートしか得られません。私が外付けにしているSSD (C300 256GB)からLion (10.7.4)を起動すると、さらに悪化。内蔵アンテナの接続ミスやシールド損傷の可能性もありますが、目視できる範囲では異常無し。PRAMリセット、Safe Bootでのカーネルキャッシュのクリアなどのお約束の手順も無駄でした。

ここまで来ると、本体が初期不良であったと判断するのが妥当なので、AppleCareサービス&サポートラインに連絡させました。状況を説明すると、意外にも担当者から返金処理を行うとの提示を受けました。メモリが余剰になることを考えれば交換処理がベストですが、当人の希望もあってそのまま手続きへ。本体はヤマト運輸での引き取りとなりました。

iPhone 4SやiPadを持つ人間が、初Macへの機種転換にチャレンジしましたが、見事に失敗。ここまで第一印象が悪いと、完全にモチベーションを失ったようです。ただ、私は無理にMacへの移行を勧める気もないので、あとは当人次第です。


P.S. Memtest86+のUSB起動(X31で動作確認済み)は失敗しました。また、rEFItを用いてもCore Solo世代のMac miniなら起動しますが、今回の2011や私の2010では無駄です。SSDのファームアップなどが想定される人は、内蔵のDVDが必要となります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年3月23日 (水)

飴と鞭

働き続けたMacBook Proに束の間の休息とご褒美を。


C300のWrite Amplificationを監視することを目的に、再起動を避けてきたMacBook Proですが、ようやくメモリを増設することにしました。10.6.7へのアップデートのために、シャットダウンするきっかけを得たからです。

1067_8gb_01 InsomniaXを用いた54日間の連続稼働で、SSDへの書き込みは627GBでした。ただし、S.M.A.R.T.のADの値(これがAverage Erase Count)の上昇間隔は50GB前後で推移したので、WAは約5倍だったことになります。

ちなみに、システムのバージョンが10.6.5とあるのは、10.6.6をスキップしたからです。Parallels 6の挙動が不安定であり、テスト用の起動環境はイメージファイルのXPが犠牲になりました。


増設用のメモリはSanMaxのMac対応品を選択しました。これは品質の優劣を問題にしたのではなく、万が一動作不良を起こした場合の交換処理を円滑にしたかったからです。

純正の2GBx2を新たな4GBx2で交換しますが、共にhynixのモジュールでした。BGAパッケージの形状が異なるものの、同じレジスト材であり純正基板のようです。

MC371J/Aのメモリスロットは上下2段の構造のため、下段スロットは上段のラッチが障害となり、交換作業が困難です。部品を傷つけないように注意して下さい。


1067_8gb_02 Memtest86+の誤動作により、本体導入時はApple Hardware Testを実行しましたが、今回は横着してRemberを用いました。これは未使用領域のみのテストなので、預かり物では使用しません。

約6.5GBに対するテストをクリアしましたが、1回に50分を要するため複数回の実行は断念しました。

 

続いて、10.6.7のアップデート。10.6.6を見送っているので、当然ながらCombo Updateを選択します。ダウンロード量だけでも1GB強ですが、SSDの恩恵でインストールは数分で完了しました。

1067_8gb_03 メモリが8GBとなっても、OSの起動時間を含め操作感に目立った変化はありませんでした。

また、C300 (256GB 0006)に対するTRIMサポートも無効のままです。

 

今回のメモリ増設の主目的は、以前に報告したカーネルパニックの抑制です。(ただし、数ヶ月に一度) 現状でのスワップは最大でも300MB程度なので、この目的は達成されたようです。ただ、FirefoxでUSTREAMなどの再生を続けると(数時間)、メモリの使用量が2GBに近づいた時点で強制終了しやすい状況に変化はありませんでした。

余談ですが、10.6.7になって後、バックライトの自動消灯が働かないことがあり、状況観察中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

資源を大切にね

「でんこちゃん」みたいなタイトルですが、今回はMacのリソースについてのお話です。

(東京電力のマスコットですから、関東以外の方々はご存じないと思います。ごめんなさい。)

 

945GMのチップセットがメモリを3GBまでしか使用しないことは、皆さんご承知と思います。私のMacBookも2GBを2枚搭載して、3GBだけ有効なのは以前ご紹介した通りです。

同じ状況で、残りの1GBをRAMDiskにしていると某掲示板に投稿された方がいらっしゃいました。本当に未使用の領域が使われているのか確認されずに話が終わっていましたので、実際にやってみたいと思います。

RAMDiskの設定はこちらを参考にさせていただきました。

http://www.zone0.ne.jp/wiki/index.php?Mac%20OS%20X%E3%81%A7RAMDisk

単純なコマンドを入力するだけです。この方は10MBで作成していますので、数値を100倍にします。

Ramdisk01 こちらが設定直後のアクティビティモニタです。4GBの表示は嘘なので、皆さんは色の付いた数値と円グラフを見て下さい。全体が3GBであることがわかると思います。

Ramdisk02 1GB分のファイルをコピーしました。「空き」のサイズが1GB減っています。やはり、未使用の1GBは使われずじまいだったようです。

以前、Memtest86+でチェックしたときも、認識されたのは3GBまででした。

 

Windowsでも945チップセットの壁は突破できなかったようですが、もしMacでの方法をご存知の方がいればご教授ください。もっとも、SSDに換装した今となっては、大きなメリットは無いのかもしれません。

 

せっかく環境問題がタイトルなので、ちょっと余談を。

P1000075 先週撮影した近所の桜です。(相変わらずヘタです)

過去に、護岸工事のため伐採されそうになったこともあります。

このブログにご助力くださった某氏には場所がバレてしまいますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

すいーとメモリ

名曲タイトルつながりでもう一件。

DOS/Vに比べてMacはシステムチェック関連のユーティリティが少ないのが現状です。とくにメモリのチェックが甘いと、メモリ自体の不良に気づかないまま、エラービットが原因でシステムの不安定に悩まされたりします。

旧来のMacOS、とくに漢字Talkを経験されている人は、

Macosbomb_2 爆弾マーク

P810_sadmac サッドマック


こんな奴らに出会って、冷や汗をかいた人も多いと思います。

DOS/Vでメモリを増設した際は、FDやCDのMemtest86+をよく利用しますが、CDならIntel Macで起動するのでは、というまったく短絡的な思いつきでやってみました。

結論から言うと起動します。ただし、テスト自体は必ずエラーを検出したことになってしまうので、これでは役に立ちません。そこで検索してみたところ、海外にIntel Mac用のパッチを作成された方がいらっしゃいました。抑圧されたマイノリティであるMacユーザーのパワーはすごいですねえ。

とくに転載禁止ではないようなので、パッチ適用済みのISOを置いておきます。
「memtest-intelmac-2.iso.gz」をダウンロード

Memtest01 ダウンロードして解凍したら、ディスクユーティリティの「ディスクの作成」でCDに焼いてください。

P1000029 MacBookでの起動画面です。当然ですが、Mac miniやiMacでも利用できます。(実験済み)

テストを終わらせたいときは"esc"を押しても終了できないので、電源ボタンの長押しで強制終了してください。

TigerやLeopardが不安定だと感じている方は試してみてはいかがでしょうか。メモリの不良が見つかるかもしれません。交換になってもDDR2のメモリは安いですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)