ワンセグ

2012年7月26日 (木)

山を越えて

OSの更新作業は一筋縄ではいかないものです。乗り越えるべき山がいくつも現れますが、私はその麓にすら辿り着いていません。


いよいよMountain Lionのリリースです。と言いつつ、時代遅れの私はMacBook Pro (MC371J/A)内蔵のSSD (C400 256GB)でSnow Leopardを運用し、Lionは外付けのSSD (C300 256GB)に追いやったままです。逆の発想をすると、このLionのアップデートなら失敗しても被害は無いので、躊躇は無用です。

Ml_inst01 そんなわけで、ダウンロード終了後いきなり作業開始。

普段なら、インストーラのイメージをSDカードなどに復元してから行いますが、手元に空き家のカードが無く、Lionの起動イメージを潰すこともできないので(理由は後述)、今回は省略。

Lion起動中の作業が数分、安全のため内蔵のSSDはマウントを解除しています。

 

P1000442 再起動されて、さらにコピーが続きます。

どのようなインストールでも、残り時間の表示は当てにならないのが相場ですが、今回はほぼ正確でした。作業と呼べるのはこれだけで、ただ待つだけです。

 

P1000443 放っておくと内蔵のSnow Leopardが起動してしまうので、optionキーで起動ディスクを手動で選択。

それにしても、元は"Recovery HD"だったはずのパーティションを、わざわざ意味不明な直訳にするのはどうかと思いますが...

 

Ml_inst02 無事に起動したところで、ビルド番号を確認。

OSの更新そのものはトラブルも無く(珍しくも)、あっさり終了しました。その後、iWorkを始めとする純正アプリケーションの更新が続きますが、これも問題無し。

Lionのときは、インストールの終了直前にエラーとなる不具合(ファイルのコピーは完了)が頻発していましたが、それも解消されたようです。

 

続いて、主だったアプリケーションの確認。

毎回トラブルになるNortonのAuto-Protectは無事でした。LiveUpdateも動作します。

更新をサボっていたFirefox 3.6は起動せず。15のBeta 2を上書きしました。

先日導入したPhotoshop Elements 10は無事起動。さらに必要に駆られてAcrobat Xもインストール、10.1.3までアップデートしました。私はこの2つを常用するので先行して投入しましたが、残されたCS2アプリケーションはRosettaなのでどうにもなりません。

やはり放置したままのParallels 7も起動しなかったので、build 15104に更新しました。そのままXPを起動してParallels Toolsのインストールが自動的に開始されますが、エラーにより中断、さらにイメージファイル破損によりXPが起動不能となりました。やむなく、Parallels 6のバックアップからイメージファイルをコピーして復旧しました。Parallels Toolsの更新も無事に完了して、その後は何事も無くParallels 7からXPが起動しています。当初の更新に失敗した原因は謎のままです。

SheepShaverも起動します。(OS 8.6) あくまで遊びです。

SEG CLIPはNHKの音声多重問題が再発し、無音となりました。それ以外の番組は問題無いので、今後調べてみます。

InsomniaTは一応動作しています。というのも、SEG CLIP起動/終了のタイミングで液晶がブラックアウトします。(開閉で復帰) もっとも、Power Napを完全否定する不眠動作ですが。

ちなみに、MacBook (Late 2006)は32bitEFIのため、Mountain Lionは(リカバリーも含めて)起動しません。SDカードのLionの起動イメージを維持したのはこのためです。


余談ですが、SSDに対するTRIMは無効のままです。ただし、有効にしたところでUSB接続で運用するMountain Lionには発行されず、内蔵のSnow Leopardはそちらで有効になっているので、急ぐ必要はありません。気が向いたら、再びバイナリエディタを使います。


P.S. 本焼きを終えた作品を回収しましたが、写真も撮らずそのままです。月末はMountain Lion優先ということになりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月21日 (木)

「Dig Dig Dig」

かつての名作ゲーム「ディグダグ」ではなく、Jazztronikの新作アルバムです。発売日を失念していて、iTunesへの取り込みが遅くなってしまいました。実際にジャズピアノを弾く知人に言わせれば、こういったジャンルは邪道になるのかもしれませんが、私はこだわり無くなんでも聞きます。最近のネタは「下町兄弟」でしょうか。


ついにLionがリリースとなりました。まだ、そんなに掘り下げて調べたわけではありませんが、作業が一段落したのでご報告します。

Lion_dmg_sd アップグレードを開始する前に、ダウンロードしたインストールパッケージの中から"InstallESD.dmg"を16GBのmicroSDHCに復元しました。これは以前にAndroid端末の検証用に準備したもので、約6MB/sで転送できました。これまでのOSも、HDDやSSDのパーティションにDVDを復元してから使用してきました。

今回はUSBで外付けにしたC300 (256GB)に、10.6.8を素通りしてインストールしました。


まず、NortonのAuto-ProtectとInsomniaT。この2つは64bit起動で検証済みだったので、特に問題はありませんでした。

Parallels 6 (build 12094)も無事起動しました。これは更新のたびにトラブルの種となってきましたが、今回は拍子抜けするほどです。

Bluetooth関連では、マウス(M-BT2BRBK)とヘッドセット(PTM-UBTSET3S)の動作を確認しました。

P1000355 左がヘッドセット、右が前述のmicroSDHCです。

追加のドライバ等は必要としませんが、この商品に音質を期待してはいけません。自分の頭が遮蔽物となるので、振り向くだけで感度が低下しノイズを拾います。私はradiko.jpを聞くために使っています。

 

Lion_segclip 個人的に気になるSEG CLIP(NHK音多放送対策済み)も無事だったので、ほっとしています。実はRD-H1の延命に失敗しました。地元CATVがアナログ変換サービスを開始したのですが、コピーワンスのために受信データがCPRM対象となり、ネットdeモニターの視聴およびvrxでの録画転送が不可能となりました。しばらくはワンセグのみの生活となります。

 

Snow Leopardのときも、外付けのSSDで約1年間併用を続け、MacBook Pro(Mid 2010)の投入により半ば強制的に環境移行しました。今回はRosetta全滅が最大の障害となっていますが、私が諦めるのはいつになるでしょうか。


P.S. 内蔵のC400 (256GB)のTRIMはやはり無効でした。小細工で有効にできますが、元々無効でのWrite Amplificationを調査中なので、このままにしておきましょう。最近のErase Count(S.M.A.R.T.のAD)の上昇間隔は110GB前後で落ち着いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

第2グループ

このブログを始めて間もなく、「でんこちゃん」を記事に書いたことがあります。今こそ積極的に彼女の言葉を行動に移す時です。


私の地域にも停電の順番が回ってきました。主だって、MacBook ProとThinkPad X31を使っているので、停電中もパソコン自体の動作は問題ありませんが、通信回線はダメです。(CATVも)

P1000306 そこで、MacBook Proにはワンセグチューナー(と付属の外部アンテナ)を接続して、放送を流し続けました。これで緊急放送に対応できます。ただし、SEG CLIPをSnow Leopardで使うには多少の小細工が必要なので、こちらの記事を参考にして下さい。

ちなみに、写真下部のロゴを照らしているのはLEDライトです。これには単4形のeneloop liteを4本使うので、忘れた頃に充電すれば十分です。

 

普段からメールの送受信を担うX31は、過去の事情から携帯を諦めバッテリーが2本搭載されています。(SSDも2基) これで稼働時間が10時間ほど得られるので、いざとなればこれが頼りです。CFスロットのPHSは停電中も通信可能でした。


今回の停電はMacBook Proのみで乗り切ったものの、3時間後のバッテリー残量は10%でした。固定電話のためにUPSも準備しましたが、今回は使用せず。確かに不便は感じますが、首都圏にいる我々にとって、この程度のことは進んで協力したいと思います。

ただ、中枢維持のために23区を優先させたことは理解できますが、個人的には交通機関や物流の維持を優先させるべきではという疑問もあります。街に電気は来ても、人が来なければ機能しません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

炎が産み出すもの Teacupβ版

βどころかα版と言うべきものですが...

人生初陶芸における3客の湯呑みの本焼きが完了しました。それぞれ、別の釉薬を掛けて還元焼成(灯油窯)しましたが、選択に失敗した感が否めません。

P1000197 これは青磁釉。

素地が唐津土ですから、青くならずにこの有様です。

 

P1000198 続いてそば釉。

そば猪口にしか見えません。

 

P1000196 黒の化粧土に透明釉を掛けました。

全て暗色なので、変化に乏しいものばかりです。

 

何事も練習が肝心なので、今後も様々な釉薬にチャレンジしてみましょう。


せっかく炎の話なので、FlashFireに関して少々。

Msup_jun01 先週、SSDをファームアップしたX22で、Windows Updateを敢行しました。もっとも、私の環境では深刻なプチフリを起こしたことはないので、あくまで確認のためです。

Msup_jun02 当然のようにFlashFireのバッファは100%になりますが、他の動作も継続できます。新ファームの恩恵か、少々軽くなったようです。(気のせいかも)

Msup_jun03 ついでに、UDMA2病の再確認。

IAAの2.3Betaを使いました。(2.3の正規版はモバイルチップセットが対象外) 80芯ではなく40芯として検出されているので、確定診断されてしまいました。

 

この記事を書いている最中に、10.6.4のアップデートも実行しました。

1064ss01 私の場合は約300MBでしたが、Combo Updateなどは900MB近くもあり、1GBを超える日も遠くはないでしょう。

SEG CLIPの音多出力や、LS-L500GLにSMB接続できない問題は依然として残りましたが、SEG CLIPに関しては

http://barry-tangram.blogzine.jp/tangram_pieces/seg_clip/index.html

こちらのブログを参考に解決しました。(御尽力に感謝します。)

Sc_onetv01 スクリプトも用意されていましたが、作業の実態を知るために私は手動で行いました。

反転表示させた3つのファイルをコピーするだけなので、フォルダ名を見て階層を辿って下さい。

1064ss02 システムプロファイラを見たら、TRIMサポートの項目が増えていました。画面はC300ですが、crucialのフォーラムではCT128M225でも"いいえ"と表示されるそうです。(こちらにもCT64M225があるのに、確認をサボりました。)

ただし、上記の2機種は当ブログでも速度の自動回復を確認しているので、TRIMの必要性が薄れています。X25-M (G2 160GB)は劣化したままなので、機会があれば確認してみましょう。(現在はLeopardのままです。)

ぜひ、アップル純正のSSDを搭載されている方の報告を伺いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

つぎはぎだらけの

「陽炎の辻」の一場面に、帰りの船倉が古着でいっぱいという描写があります。江戸時代は布の生産量に限りがあるため、武士といえど普段は古着が当たり前でした。


Leopardのセキュリティアップデートが来たため、Snow Leopardの10.6.2に気付きました。いつになく速いペースでパッチがリリースされていますが、つぎはぎだらけと思うのは私だけでしょうか。

1062up01 私のMacBook (MA700J/A)では、157.7MBのダウンロードでした。アップルのサイトからdmgでダウンロードすると500MB程なので、1/3で済んだわけです。

ただし、経験上はCombo Updateを用いるのが一番安全かと思われます。

 

1062up02 今回は再起動中のハングアップなども無く、順調に作業が完了しました。

 

続いて、私の使用環境で気になる点を簡単にチェックしました。

BUFFALOのLS-L500GLにはSMBで接続できないままです。自宅でもWebアクセスの機能を使うことになり、面倒です。

RD-H1のネットdeモニターの表示は問題無し。vrxの0.8.2を使ってダビングは開始できますが、コピー途中で接続が切断されてしまいます。Tigerでは非常に安定しているのですが。

GV-SC200MでのNHK音多放送の出力異常も、状況は変わらず。(メーカーの対応も望み薄ですね。)


Snow LeopardはUSBで外付けにしたSSD(JM)に入れたままで、いまだ試運転中です。Leopardのままでも、SSD(X25-M)内蔵による速度向上の恩恵がはるかに大きいため、あまり魅力が感じられないせいでもあります。LeopardのときはTime Machineをどうしても使ってみたかったのが、後押しをしてくれました。


P.S. Mac miniのLeopardでセキュリティアップデートを実行中に、Software Updateの画面でハングアップ。強制終了の後に無事起動しましたが、念のためdmgをダウンロードして再実行しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月16日 (金)

三つ巴の争いの圖(ず)

画家の山口晃さんをご存知でしょうか。日本橋、新三越本店の紙袋や公共広告機構の「江戸しぐさ」などで目に触れた方も多いと思います。戦国時代と現代が融合した緻密な構図で、一見すると大和絵風の不思議な油絵です。2年程前に練馬区立美術館の個展を見に行きましたが、と同時にNHKの「トップランナー」にも出演されていました。ご本人自身も大変面白いトークをされる方でした。


Imovie04 以前に「情熱大陸」のオープニングを改造した記事を書きましたが、実は「トップランナー」も編集しました。山口晃さんの放映時の録画が残っていたので、その顔写真を差し替えました。iMovieを使ってナレーションも追加したのですが、問題はそのiMovieです。

8.0.5にアップデートしましたが、起動しません。ゴミ箱に入れて、DVDからiMovieだけをカスタムインストールしても同様でした。Webの情報では"Perian.component"が悪さをしているようです。

 

Imovie03 そこで検索したところ、/Users/ユーザー名/Library/QuickTimeに見つかりました。

これを削除すればiMovieは無事に起動するのですが、ここから話が複雑になります。

 

私の環境では、このファイルをここにコピーしたのはSEG CLIPです。Perianとの競合を解決したときに、"表示にPerianコンポーネントを利用する"にチェックを入れましたが、この作業がコピーの正体です。チェックを外すと削除されます。ちなみに、前回はSEG CLIPを丸ごと削除してから作業していますが、"Perian.component"だけを削除してから再起動し、再びチェックを入れるだけで機能を回復できます。

話がそれましたが、つまりiMovieを起動するためにはSEG CLIPが犠牲になります。さらに、SEG CLIPのためにPerianが犠牲になるという、まさに三つ巴と言うか三すくみの状態です。もっとも、1ヶ所のチェックだけで切り替え可能ですから、大した問題ではありませんが。


I-O DATAとしては唯一のMac対応ワンセグチューナーなので、アップデートに期待したいところです。QuickTimeの7.6以降に対応していれば"Perian.component"に頼ることも無いのですから。Snow LeopardでのNHK音多放送の不具合も起因は同じでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

アナログとデジタルの狭間で

NHKの番組「爆笑問題のニッポンの教養」に、教授こと坂本龍一さんが出演されていました。アナログシンセサイザーを駆使したYMOのメンバーでありましたが、番組内ではMacを使用されていました。


いまだに、アナログチューナーのRD-H1を使っていることは先日書きましたが、実はUSBのワンセグチューナーも持っています。I-O DATAのGV-SC200Mです。開封品が半額だったときに衝動買いしました。最近は、NHKなどいくつかのチャンネルを選ぶと視聴アプリが落ちてしまう状態だったので、Snow Leopardでの動作チェックも兼ねて修復を試みました。


手順はメーカーのQ&Aにも書いてありますが、順を追って説明します。

Clip01 まず、Perianをアンインストールします。と言っても、システム環境設定の"Remove Perian"をクリックするだけです。

 

Clip04 アプリケーションフォルダのSEG CLIPをゴミ箱に入れたら、一旦再起動。

ダウンロードした最新版をアプリケーションフォルダにコピーします。

 

Clip02 SEG CLIPを起動して、環境設定を開きます。新規インストールではないので、シリアル番号の入力は要求されません。

画面の部分にチェックを入れたら、SEG CLIPを終了します。

 

これで、再び起動すれば修復完了です。Leopardでも全く同じ手順で症状が改善されました。

Clip03 こちらは表示設定を「2倍のサイズ」にした状態です。ワンセグですから決して良い画質だとは言いませんが、画面の片隅で見るテレビとしては十分です。

ちなみに、室内では付属のロッドアンテナの感度に期待してはいけません。私は壁からの同軸ケーブルに接続しています。変換ケーブルも同梱されています。


P.S. Snow LeopardにiTunes 9をインストールしたら、NHKの音声多重の出力がおかしくなりました。Leopardは無事です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)