陶芸

2014年10月11日 (土)

天罰てきめん

P1040131 ブログ更新をサボったバチが当たったようです。

釉掛けの準備中に接触、落下でこの有様です。潔く、この棗と急須は諦めて(ハンマーで破壊)、再成形しました。

 

それなりの事情があったとはいえ、大幅に更新が滞ってしまい申し訳ありません。10日遅れの定例報告です。

Jmon14_oct01 TS32GSSD25-M

9月中にAverage Erase Countが36増加、1ヶ月間のブロック消去の平均値を計算すると約38GB/dayとなります。

平年並みの数値に戻りつつあります。

 

Jmon14_oct02 FTM28GL25H

AECの増加分はわずかに1、よって今月も平均値の計算は無し。

Max Erase Countは6月から変化していません。

 

Jmon14_oct03 C400 256GB (070H)

AECが1増加、上昇間隔は約120GBでした。消耗度8%まで1カウント。

 

Jmon14_oct04 C300 256GB (0007)

USBケースに入れたまま休眠中なので、増えたのは通電回数のみ。

この程度の放置期間では保存データに影響が出るはずもありません。

 

Jmon14_oct05 X25-M 160GB (102M3)

総書き込み量の増加は6GBだけ。

実はブログの更新以外では、全く起動していません。

 

Jmon14_oct06 C300 128GB (0006)

こちらはFireWire 800のケースに長期滞在中。

やはり出番が無く、放置状態。

 

 

Jmon14_oct07 Travelstar 7K320

iTunesのライブラリとして24時間FireWireに接続したままなので、1ヶ月分の通電時間がほぼそのまま反映されています。

外気温も涼しくなったので、HDDの温度も40℃を下回りました。

 

破壊を免れた作品は窯入れしたので、次回は窯出しの報告をと言いたいところですが、さて...


P.S. 毎年恒例、知人の陶芸企画展を訪れました。

P1040134 P1040138 定番のリンゴの木の灰釉に加えて、鉄やマンガンを使った作品が多く見られました。

同行者も左の茶碗が気になっている様子でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月20日 (水)

ファイナルショット

P1160155 これは先日のスーパームーン。

DMC-FZ10によるものです。実は新しいカメラを入手したので、これが最後の撮影となりました。

 

新しいと言っても、中古で入手したのはDMC-FZ30です。FZ10のバッテリーも流用可能で、ズームもリングによるマニュアル操作となり、なかなかの使用感です。

さっそく、窯出しされた作品を撮影したので、主だった物だけでも急ぎで紹介します。(ブログ更新が遅れてすみません)

P1040044 窯から回収された作品たち。

最近は釉薬の実験などで失敗も多く、とにかく形になったものだけでも忘れないうちに記録します。

 

P1040048 井戸茶碗を参考に成形しました。益子の赤土に白マット釉です。

削りは高台周りのみで、素地は厚めに残しました。

 

P1040050窯出し直後は釉薬の貫入が目立ちませんでしたが、日常で使用するにつれて、はっきりと浮き出てきました。

幾度か抹茶も点てましたが、茶漬けや味噌汁に使われてしまう有様です。

 

P1040058 半磁土に織部釉の茶碗。

ここの窯には2種類の織部があり、今回は普段使わない青味の強い釉を掛けました。

 

P1040059 大きく釉薬が欠損した部分は、素焼きで素地が破裂したからです。

また、釉薬が棚板まで流れてしまい、後始末に苦労させられました。高台周りの釉薬はグラインダーで研磨しました。

 

P1040060 初花肩衝を写したつもりの茶入。

天目釉が厚く掛かりすぎて、黒一色となってしまいました。以前に焼いた茄子茶入のような景色を期待しましたが、うまくいかないものです。

 

P1040062 畳付は糸切りしたままですが、模様がいまいちです。

天目釉が流れたものの、棚板までは接触しなかったのが幸いでした。

 

P1040063 金彩釉の急須。

なかなか初回作の色が再現できず、思いつくたびに制作しています。

 

P1040064 P1040065 蓋受けには亀裂が入り、釉薬が流れて高台を研磨しました。

懲りずにまたチャレンジします。

 

P1040066 こちらは依頼品。

用途には似つかわしくない派手な物との要望だったので、ピンクとトルコ色の化粧土を掛け分けました。

ちなみに、用途は聞かないで下さい。


8月中は窯焚きも少ないので、次回の報告は来月になる予定です。もっとも、乾燥中のティーカップが残っているだけですが。


P.S. 以前にカメムシを撮影した屋上農園にて。

P1040077 トマトに群がるコガネムシ。

調べたところ、正確にはシロテンハナムグリだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月17日 (木)

焦眉の壺

NHKの「美の壺」には日頃からお世話になっていますが、最近は焼き物のお題が減ったように思われます。

もっとも、当ブログのお題もネタ切れですが。


先日釉掛けした作品が窯出しされました。(一部失敗) 今回はその報告をしたいところですが撮影の時間が取れず、とにかく作業の過程だけでも記事にしておきます。

P1160092 釉掛けされた茶碗たち。

手前の3客が志野釉で、残り2客は白マットです。奥に見える器はピンクとトルコ青の化粧土を掛け分けました。用途は内緒です。

 

P1160094 これは釉掛けの合間に成形した肩衝茶入。

次第に初花の形に近づいてきました。次は、肩の角度をもう少しシャープにするのが課題です。

 

P1160096 急を要する依頼で成形した壺。

時間と実用性を優先させるため、形は茶入を拡大しただけで、蓋は密閉性を重視した構造にしました。

 

P1160102 ここ数日の晴天を利用して炎天下で乾燥、電気窯で素焼き、金彩釉を吹き掛けして再び電気窯に入れました。成形から本焼きまで1週間です。

また、他にも酸化焼成の作品が滞留していたので、この機会に窯入れしました。(右奥は他の方の作品)

 

P1160097 失敗報告その1。

乾燥時の亀裂は修復したものの、本焼きで拡大してしまいました。やはり、半磁土の亀裂は要注意です。

 

P1160103 これも依頼品なので、再び成形。半磁土から信楽の白土に変更。

前作より拡大しましたが、写真ではより強調されています。

 

P1160098 本焼きで脚が湾曲したワイングラス。

しばらく放置されたままになっていましたが、風鈴に改造されました。100円ショップの風鈴を解体して、瞬間接着剤で糸を固定しただけです。

実は、口縁の径が大きいために風が弱いと上手く鳴りません。そんな時は斜めに吊るします。

 

現在、壺は電気窯の中で徐冷中。残念ながら、すでに間に合わないことが発覚しました。まあ、別の用途もあるので窯出しを楽しみに待つことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月28日 (土)

茶イレーズ再結成

前回のカルテットは失敗に終わりましたが、今回は松本参加のトリオです。

ちなみに、私のiTunesライブラリ内で松本と言えば、B'zやウルフルズとなります。


ブログの更新ペースが顕著に悪化していますが、ともかくも窯出しの報告だけはいたします。

P1160053 今回、窯から回収したのは6点。

後述しますが、ワイングラスは見事に失敗し、窯で晒し者となっています。

 

P1160059 P1160061 成形時は楕円皿のつもりでしたが、本焼きでさらに歪に。

益子の土に白萩釉、口縁に黒の化粧土を流し掛けしました。

 

P1160072 P1160073 鎬紋の青磁茶碗。焼成の収縮で小振りになってしまいましたが、発色は悪くありません。

ただ一点、見込み付近に気泡が生じたため、ルーターで研磨しました。

 

P1160074 P1160075 上記の半磁土に対して、こちらは信楽の白土。

より軽く仕上がったものの、素地の色と青磁釉の相性がいまいちでした。

 

P1160078 P1160079 茶入トリオ一点目。益子に天目釉。

松本茄子の曲線がうまく写せず、偏平になってしまいました。一方、釉の景色はより近いものが再現できたと自画自賛。

 

P1160082 P1160084 さらに茄子。唐津に天目釉。

こちらも松本茄子を写したつもりでしたが、釉のなだれなど全く異なる景色になりました。

 

P1160085 P1160087 初花肩衝の写しに挑戦し続けて何作目かすっかり忘れました。

次第に初花の曲線に近づいていますが、釉の景色はなだれも見られず、まだまだです。

 

例のワイングラス2客は、一方が脚が折れ、もう一方は飴のように曲がっていました。窯の主曰く、普段より窯の温度が上がってしまったそうです。私は諦めが悪いので、次は電気窯でチャレンジします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月15日 (日)

釉掛けに始まり、夕暮れに終わる

先日書いたように、アニメ「へうげもの」を見た影響からか、ここ最近は茶入や茶碗ばかり作っています。


前回の窯出しで失敗した茶入を後に残し、成形を続ける日々です。

P1140887 これは鎬紋の茶碗。半磁土と信楽土です。

名物茶碗を紹介する本に見事な青磁碗が載っていたので、無謀にも真似てみました。

 

P1140889 備前の土で成形したワイングラス。

焼締めで成功した1客が壊れてしまったので、リベンジです。あまりに脆い足を二重らせんにして補強しました。

 

P1140890 失敗は忘れて、再び茄子と肩衝。

いつもなら備前を使いますが、今回は唐津の赤土です。曲線が文琳に近いものになってしまいました。

 

P1160002 で、さらに茄子。新たに調達した益子の赤土を使ってみました。粒子が細かく滑らかなので、小物の成形に向いています。

右のワイングラスは半磁土です。後ほど事故に...

 

P1160006 これも益子の土を使った楕円皿。

写真では分かりませんが、逆さにすると高台と口縁の楕円の長軸の角度がずれています。

 

P1160010 ある日の朝、窯を訪れると素焼きが終わっていました。

予告無しの準備不足でしたが、とにかく釉掛けを開始。茶碗は青磁、楕円皿は白萩、ワイングラスは化粧土と呉須だけで焼締めにします。

 

P1160014 茶入たちは前回と同じく黒天目で、わざと薄掛けにしてみました。共蓋は白マット。

灯油窯で失敗したので電気窯で、と思いましたが、もう一度灯油窯に入れてみます。

 

P1160032 窯入れ待機中のワイングラス。

実は、左の1客は足が折れています。(人為的事故) 瞬間接着剤で仮止めして、破断面に白マット釉を埋めましたが、無事に接げるか祈るのみです。

 

日程の都合で、窯の主に窯入れを委ねることになったので、後は無責任にも窯出しを待つだけです。


P.S. 地元で餃子を食べてきました。

Ichikawa_hisago01 市内では名の知れた「ひさご亭」です。キャベツが中心の甘みのある味とその大きさで有名ですが、私自身は30年ほど前に駅前の店で食べて以来です。

1人前6個、ただし私は3個が限界でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 1日 (日)

呪いの自転車

借りた自転車で走行中、コンビニの駐車場から出てきた四輪車に側面衝突されました。幸い極めて軽傷で済みましたが、自転車はクランク変形の重傷です。

実は、自転車の持ち主も1年前にほぼ同じ状況で事故に遭っています。古い自転車ですが、チューブやブレーキワイヤーなどを交換しながら乗り継いでいるので、なんとか復活させるべく模索中。


自転車は壊れてしまいましたが、我が家のSSD達はいつも元気です。それでは月例報告です。

Jmon14_jun01 TS32GSSD25-M

5月中に増加したAverage Erase Countは50、平均すると約50GB/dayのブロック消去でした。

前回の報告ではX31の再起動を繰り返したために消耗が加速していましたが、今回は平年の値に戻りました。

 

Jmon14_jun02 FTM28GL25H

こちらはAECの増加分が10、ブロック消去の平均値を計算すると40GB/dayとなります。

元凶だったXPのSecurity Essentialsも今は落ち着き、SSDの消耗も減速傾向です。

 

Jmon14_jun03 C400 256GB (070H)

AECの増加分は1、上昇間隔も前回と有意差無し。

C400を搭載したMacBook Proはジーニアスバーのお世話になりました。膨張したバッテリーがトラックパッドを圧迫し始めたためです。Mid 2010なので、もちろん有償。後述する先代のMacBookも同様の症状で2度交換しています。

 

Jmon14_jun04 C300 256GB (0007)

こちらのSSDは長期休暇中。

Mountain Lionをインストールしたまま、月一でS.M.A.R.T.を確認するだけです。

 

Jmon14_jun05 X25-M 160GB (102M3)

白いMacBookにてWindows 8を運用中。

OS上の総書き込み量は1ヶ月で40GB余り増加しましたが、S.M.A.R.T.の値に気になる変化は無し。

 

Jmon14_jun06 C300 128GB (0006)

ParallelsにインストールしたTurbolinuxを維持するため、Leopardのままで休眠中。

FireWire接続なので、TRIMも関係ありません。

 

Jmon14_jun07 Travelstar 7K320

普段はMacBook ProにFireWireで接続したままですが、前述のように修理で稼働を止めていたので、5月中の使用時間は約400時間でした。

温度が高いのは、ケースの発熱のためです。

 

5月末に友人である大脇歩氏の作陶展が開かれたので、知人と共に訪ねてみました。

P1160007 P1160009 彼は赤土に化粧土を用いて、丁寧に削り込んだ軽量の作品が特徴です。

また、酒器の注ぎ口も液ダレを防ぐ工夫がなされています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年5月24日 (土)

茶イレーズカルテット

「ピタゴラスイッチ」のBGMで知られている「栗コーダーカルテット」の演奏は、「やる気のないダースベーダー」などと紹介されますが、ご本人たちは至って大真面目です。

私の陶芸も真面目に修行中のつもりですが、こんな日もあります。


前回の記事から時間が空いてしまいましたが、予告どおり窯出しの報告です。今回は全て灯油窯(窯の主の操作)による還元焼成です。

P1140888 これは依頼品のティーポット。半磁土に透明釉。

ダメ出しを受けて2作目が焼成待ちですが、こちらも併せて引き取られることになりました。

背後の手ろくろに茶入が乗っています。

 

P1140892 初花肩衝や松本茄子を写したつもりの茶入たち。備前の土に天目釉、蓋は白マットです。

釉薬の流れた景色はありませんが、一見すると無事に焼き上がったように見えます。しかし...

 

P1140894 畳付を見ればこの有様。

他の釉薬に合わせて窯の温度を上げたために、棚板まで釉薬が流れてしまいました。グラインダーで研磨しましたが、これではとても人にお見せできません。

 

P1140902 志野釉の茶碗。

こいつらが温度を上げた原因です。同じ素地と釉薬ですが、右の茶碗に微妙に朱が入っているのは別の日に焼いたためです。

 

P1140906 高台も遊んでみました。

写真集で不規則な五角形の高台を見かけたので、真似ただけです。全てフリーハンドで削りました。

 

P1140922 P1140926 これは赤楽茶碗の写し(自称)。

斑紋赤色釉もきれいに発色し歪みも少ないのですが、残念ながら茶碗としては小振り過ぎました。

 

P1140919 続いて、半磁土に青磁釉のどんぶり。ルーシー・リー風に高台も小さく削りました。

還元による青磁釉の発色も悪くありません。が、一点だけおそらく素地内の気泡による凹凸が目立ちます。

 

P1140920 P1140921 同じく青磁釉のミニポット。

これは釉薬の欠損や凹凸も無く、きれいに仕上がりました。ただ一つ、蓋の分離に30分以上掛かったことを除いて。

 

P1140927 さらに青磁釉のワイングラス。織部、天目に続いて3作目となります。

以前に成形した足の長いグラスに比べれば、はるかに成功率は高く3作とも無事でした。

 

いまだ電気窯の稼働予定は無く、私の作品も5点ばかり寝たままなので、再び茶碗、茶入の成形を始めました。また、図書館で別の写真集をお借りしました。


P.S. 数少ない完成品のワイングラスが折れてしまいました。(犯人は内緒) 今度は足のデザインに一ひねり加えたものを成形しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木)

○○駆除中

つい先日も仕事上でウィルス駆除の依頼を受けましたが、今は庭に生えた竹と格闘中。種名ははっきりしませんが、掘り出した地下茎を辿って数か所で切断しました。隣近所の方が剪定ばさみを持って協力してくださいました。


ゴールデンウィーク中は窯焚きもお休みだったので、ひたすら成形した作品が過剰在庫となってしまいました。

P1140857 これは依頼品のティーポット。1作目はボツとなってしまったので、これは2作目です。

デザインは、以前に亀裂を生じてしまった塩壺のリベンジです。

 

P1140858松本茄子と初花肩衝の写しのつもり。

初花は何度か成形したものの、微妙な曲線が再現できません。これもいまいちなので、後日再チャレンジします。

 

P1140859 図書館で借りた写真集に魯山人の志野茶碗が載っていたので、写してみました。当然ながら、本物とは程遠い出来ですが。

右の肩衝はまた失敗しました。

 

P1140872 三度目の正直。ようやく初花の曲線に近づきました。

茶碗は同じく写真集の熊川と天目茶碗を参考にしました。初めて使う白土なので、結果は窯の主も知りません。

 

P1140885 P1140886 で、素焼きが終わったらとにかく釉掛けです。

左が還元、右が酸化焼成の窯に入れます。実はこれ以外にも上記の茶碗が2客と、放置されていた作品があるので、計17作が本焼き待機中です。

 

灯油窯の窯焚きは週末の予定なので、還元焼成の作品は(茄子や肩衝も)来週の記事で報告できるかもしれません。天目釉がうまく流れてくれるといいのですが。


P.S. XPのSecurity Essentialsは復活したので、Internet Explorer 6も無事に更新されました。ただし、"msconfig"が起動不能となったままです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 2日 (金)

ただいま故障中

とある作業中に足首の靭帯を損傷したようです。とにかく関節をテーピングで固定して治療に努め、4月30日に臨みました。


壊れたのがSSDでなく私の足だったのが残念ですが、定例報告へと参ります。

Jmon14_may01 TS32GSSD25-M

4月中に増加したAverage Erase Countは68、平均すると約70GB/dayのブロック消去だった計算になります。

普段の値より若干消耗が進んでいる理由は後述します。犯人は...

 

Jmon14_may02 FTM28GL25H

同じく先月分のAECの増加は15、平均して約65GB/dayのブロック消去。

X31にインストールされたXPが、デスクトップの表示と同時に無反応になってしまうために、電源ボタンによる電源断を繰り返しました。おかげで前回より数倍の書き込み量となっていますが、この程度の変化で寿命全体への影響はありません。

その後、犯人がSecurity Essentialsだと気づき、セーフモードからサービスの停止とレジストリの削除を行い、4.4.304を再インストールしました。定義更新も無事に完了しました。


Jmon14_may03 C400 256GB (070H)

AECの増加分は1、上昇間隔は約160GBと前回よりさらにWrite Amplificationが改善しました。空き容量を確保した結果です。

もっとも、AECの全体数は235と寿命規定値の3000には程遠いわけで、気にするだけ無駄かもしれません。


Jmon14_may04 C300 256GB (0007)

引き続き、Mountain LionをインストールされたままのこのSSDは休業中。

月に一度だけUSB経由で通電するだけになって数ヶ月、中身のデータ(OSなど)に破損は見られません。

 

Jmon14_may05 X25-M 160GB (102M3)

MacBookがブログ更新に使われるようになってから、このSSDの使用頻度も増えていますが、消耗指数は99で止まったまま。

今回は代替セクタにも変化はありません。

 

Jmon14_may06 C300 128GB (0006)

上記MacBookのLeopard起動用。ただし、こちらも休眠中。

使用中のFireWire 800対応ケースを、後述するHDDの400と入れ換えるべきなのですが、いまだ実行されず。

 

Jmon14_may07 Travelstar 7K320

MacBook Pro (C400)のiTunesライブラリをこちらに退避させました。FireWire 400のケースを800のポートに接続していますが、速度的な支障は感じないのでそのままとなっています。

24時間運用なので1ヶ月分700時間ほど使用時間がカウントされました。

 

冒頭の4月30日とは、笠間の陶炎祭(ひまつり)のことです。昨年は同行者が膝を、今年は私が足首を痛めたままなので、皮肉なものです。

P1140884 こちらは必ず訪れる「WAKI工房」、大脇歩氏(同級生)のブースです。

残念ながら新作はわずかでしたが、5月の23~27日の日程で開く作陶展の準備のためだそうです。千葉の馬橋だと聞いたので、どのような作品が出展されるのか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月23日 (水)

ゴーストカメラマン

もちろん、私が心霊写真を撮影したのではありません。

ただ私と同世代なら、某出版社の「恐怖の心霊写真集」シリーズには、一度は見覚えがあるはずでしょう。


今月は休みが取れず、2週間も更新が遅れてしまいました。とにかく、電気窯の焼成が完了したので、窯出しの報告をします。(実は窯焚きも遅れ気味)

P1140860 これが集合写真、と言いたいところですがミニ急須が欠けています。

上記の事情から、今回はカメラを他人の手に委ねたものの、私の指示が悪かった結果です。

 

P1140864 以前から失敗続きの楕円皿。打ち出しの皿に見えますが、唐津の土に金彩釉です。

焼成温度を変えても、まだ気泡が残っています。危険なエッジは研磨処理しました。

 

P1140867 ルーシー・リー風に成形したどんぶり2作目。

唐津に油滴天目を施釉したつもりが、油滴になりませんでした。実は、他の方の作品に釉のちぢれが多かったため、窯の主が濃度を薄めたそうです。

 

P1140868 半磁土のワイングラス。これも油滴天目です。

前述のように油滴は見られませんが、結果として釉の欠損の無い滑らかな仕上がりとなりました。素焼きで折れた首もきれいに接合されました。

 

P1140871 こちらは織部。

この釉薬は失敗も少なく、発色も気に入っているので、私が頻繁に使う釉薬の一つでもあります。

 

P1140876 P1140877 これは私が追加で撮ったミニ急須。やはり、半磁土に織部です。

知人に言われたのがきっかけで、いまさらながらNHKアニメの「へうげもの」を見ています。

 

冒頭で書いたように、今月は窯焚きの回数が少ないので乾燥したままで放置された作品が溜まっています。(投稿してない写真も多数) おそらく、来月は釉掛けと窯入れに追われることになりそうです。


P.S. 先日、無線LANのアクセスポイントが死亡しました。(ISDN時代から使ってる11b) AirMacが有るので困りませんが、ついでにX31のXPもデスクトップの起動直後に無応答に。手を付ける時間も無く、こちらも放置状態です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧