Defraggler

2009年5月24日 (日)

硫黄島からのFP

私の趣味としては、かつてTBSで放映された「織田信長」の渡辺謙が非常に印象的でした。


FlashPointの作者が試験的に64bit用のBeta5バイナリをアップロードしてくれたので、Mac miniのWindows 7 (x64 RC)でチャレンジします。できれば玉砕は避けたいところですが...

Fp64_01 まず、導入前のベンチマークです。

なんだか、また劣化しているようですが、気にしないことにしましょう。

 

Fp64_02 アップされたのはamd64とia64の二つのバイナリだけなので、通常のBeta5にamd64のdiskfp.sysを上書きして使います。

 

 

Fp64_03 installSSD.infを右クリックしてインストールを選択して下さい。

途中でdiskfp.sysのパスを聞かれます。

 

 

これで終了です、と言いたいところですが、このままではドライバ署名が無いので動作しません。起動時の"F8"でドライバ署名の強制を無効にしてもいいのですが、毎回操作する必要があります。

http://d.hatena.ne.jp/testa021/20090510/1241938821

そこで、こちらの記事を参考にさせていただきました。

Fp64_04 Driver Signature Enforcement Overriderを起動してSign a System Fileを選択、diskfp.sysをフルパスで指定します。

そして、Enable Test Modeを選択後に再起動です。

いよいよ玉砕か生還か、その時が来ました。(NHK風に)

 

Fp64_05 無事にテストモードで起動しました。

気のせいか、若干速いかもしれません。

 

Fp64_06 4KBのランダムライトが向上しているので、正しく動作しているようです。ただし、導入前からプチフリを見ていないので、効果のほどは疑問ですが。

 

 

Fp64_07 4KB3万個の解凍も15分かかり、効果はありません。ちなみに、XP Modeでの解凍は3分に短縮されました。ところが、ごみ箱へ移動中にプチフリが...(止まるのはXPの中だけです)

 

Fp64_08 レジストリも確認しました。

当たり前ですが、前回の検証と同じです。

 

正直なところ、JMicron搭載のSSDでもWindows 7ならプチフリが抑えられているので、FPの効果は薄いです。さらに、このパーティションでParallelsを起動すると、明らかに速度が低下しました。ベンチマークをするまでもなく、Macの人はやめておきましょう。


参考までに、起動の様子をどうぞ。

 

P.S. Defragglerからも生還しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

「いぢめる?」

「ぼのぼの」のシマリスくんは小さい故にアライグマくんにいじめられるわけですが、はたして我が家の小さいものとは。


Mac miniの検証を続けましょう。このブログでは、SSDの劣化を確認したことがないので、Windows 7のままで少しいじめてみました。前回の記事と併せてご覧下さい。

W7frag01 まず、ISOイメージなどの大きなファイルで残り2GB以下まで埋めました。

この程度では、まだ速度に変化は現れないようです。

 

W7frag02 4KB3万個の解凍を同時に7個実行して、残り1GBの状態です。

解凍中にプチフリはしませんでしたが、その後の書き込み速度が著しく低下しています。

 

W7frag03 解凍したファイルを全て削除しました。

Leopardでの検証とは異なり、速度が少し回復しただけです。しかも、ごみ箱への移動中にプチフリが発生しました。(21万個も捨てれば当然かな)

 

W7frag04 埋め立てに使ったファイルも削除して、残り11GBにしました。

さらに回復しましたが、元の速度には程遠い状態です。

 

W7frag05 Windows 7のデフラグ実行。

...悪化しました。役に立たないどころか、足を引っ張るとは。

 

Defrag01 Defraggler投入。

「空き容量のデフラグ」を行いました。サイトの説明にもありますが、64bitでも動作可能です。

 

Defrag02 若干及ばないものの、元のレベルまで回復しました。

もっとも、この程度の作業で回復するのですから、大した問題ではないとも言えますが。その後、プチフリもありません。

 

今回はわざと問題を引き起こすために、JMicron搭載のSSDに無茶な書き込みをしたので、通常の使用条件であれば出会う機会は少ないでしょう。ただ、デフラグはSSDの寿命に影響しますから、できればTrim対応になってほしいものです。RC版には実装されたようなので、あとはSSDのファーム次第ですか。

しかし、Leopardでは速度の低下が起きないのはなぜなんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)