PowerPC

2009年10月11日 (日)

愛おぼえていますか

最近、たまたま飯島真理さんのCDを聞いたもので。

Mac以外の方々には申し訳ありません。タイトルが文字化けしていると思いますが、そこは「アップルマーク」です。

 

今は、MacでWindowsといえばBoot Campですが、過去にもアップルがWindowsに惹かれた事実をおぼえていますか。

これはコンパチカードと呼ばれたもので、正確には「PC Compatibility Card」。アップル以外にも「OrangePC」なる商品もありました。要はワンボードコンピュータを当時のPCI Macに内蔵させるだけのものですが、事は簡単に運びません。

 

その当時の私は、秋葉原の中央通りにあったパソコン屋でバイトをしておりました。ちょうど、98(NEC)からDOS/Vへ移り変わる時代です。元来、自分は386のときからのDOS/Vユーザーで、面接でも扱える人間が少ないからと採用されました。DOS/V担当時の逸話はいろいろありますが、それはまた後日。

しばらくして店長からMacフロアへ行けと言われました。ひどい話もあったものです。Macの知識はほぼ皆無、人のCentrisにさわったことがあるだけでした。どうやら拒否権は無いようなので異動しましたが、当初はお客様に質問されるたびに内心は冷や汗ものです。なんとか平静を装いながら、他人の台詞を借りて販売していました。

そこへ登場したのがこの商品です。フロア長が楽しそうに持ってきて一言、「これ組み込んで」と。たしかに、このフロアでは私が適任かもしれませんが、まったく勝手です。そこで私も、「しばらく販売はお二人に任せますよ」と、条件を取り付けました。バイトのくせに偉そうです。しかし、これはあとで後悔することになりました。

ベースはこれを使いました。黒Macのご先祖さまPerforma 5420です。実際に、この機種はよく売れたので最適だろうと判断しました。取り付け作業自体に苦労はありませんが、問題はここからです。

DOSが付属しているだけなので、Windows 95をインストールするには、CD-ROMドライバを組み込んだ起動フロッピーが必要です。しかも、コンパチカード固有のドライバもあり、フロッピーの作成は手作業でした。そうです、config.sysやautoexec.batを手書きするのです。しかも、メインメモリーの不足で95のセットアップはエラーになるし、himem.sysやらdevicehighを駆使して、なんとか必要な領域を確保しました。

こんな作業はマックユーザーにできるわけもありません。結果、この商品はすべてセットアップ済みで販売することになったのです。私はこの作業を一人で行うこととなり、条件を出すまでもなく、販売どころではなくなりました。その後、自動セットアップが可能なフロッピーの作成に成功するまで、この苦労は続くことになります。

 

こんな有様ですから、商品として定着することもなく自然消滅しましたが、私にとってはMacに係わる良い契機になったと思います。その後、私はまた他の売り場へ異動してしまいますが。

P.S. 今回は思わぬ長文のあげくに専門用語だらけで、すみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

SSDと貧乏太郎

上戸彩主演作としては「あずみ」も良かったですね。オダギリジョーの切れた役柄が非常に印象的でした。

 

近頃、「iBook」と「SSD」で検索して訪問される方が多いようなので、ちょっと実験してみましょう。

といっても、IDEのSSDを換装するのではなく、SATAのSSDをFireWireで起動させようというものです。SATAのタイプなら高速かつ低価格の物が多く、新型のMacにも転用できるため節約になると思います。

今回の主役は、以前にも紹介したiBook G4 (M9846J/A) 12インチの最終モデルです。

 

P1000068 CFDのCSSD-SM30NJを使いました。

悪名高きJMicron搭載の低価格SSDですが、Macでは関係ないので、これで十分でしょう。今回は「貧乏」がタイトルですから。

 

P1000071 これまた紹介済みのHD-HCIU2シリーズのケースを流用しました。分解方法は「IEEE1394」のカテゴリーをどうぞ。

皆さんは2.5インチタイプのケースを購入して下さいね。

これをiBook G4に接続してLeopardをインストールしました。

 

いつものように、起動の様子から。

1分少々で起動完了しています。40GBの内蔵HDDでは2分以上かかるので、上出来と言えます。

そして、ベンチマーク。

Cfd1394_01 Cfd1394_02 FireWire

CFD 30GB SSD

 

G4_40gb_01 G4_40gb_02 iBook G4内蔵

純正 40GB HDD

 

小さなサイズのシーケンシャルアクセスで不利な点が見られるものの、それ以外では圧倒していると言ってよいでしょう。とくに、ランダムアクセスでは比較になりません。体感速度の改善が数値によく現れています。もっとも、純正HDDは20MB/sを超えなかったので、かつてのIDEのHDDが遅かっただけとも言えるでしょう。

参考までに、BUFFALOのケースにWD10EADSを搭載したときの、ベンチマークを。

Wd1394_01 Wd1394_02   

 

 

SSDと比べ、シーケンシャルアクセスは変わりませんが、面白いことにランダムリードとライトの特徴が逆転しています。

 

iBook G4は分解手順が煩雑な上に、高速タイプのIDEのSSDは割高なので、このような手抜きアップグレードも良いかと思います。荷物に2.5インチのケースが増えても大差ないでしょうから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

りんご3兄弟

ベタですね。もはや、何の説明もいらないと思います。

P1000042 実は、iBook G4も持っています。所有する3台のMacの長男ですね。12インチの1.33GHzで11gの無線LANも内蔵しています。ちなみに、このAirMac ExtremeカードのチップはBroadcomです。

BluetoothやFireWireなどCPU以外は2台の弟と同等の機能を持っていますが、さすがに使用の機会は減りました。MacBookをSSDに換装してしまうと、なおさらです。ただし、これだけがPowerPCなので、非Universalアプリの実験に使用しています。

この写真、一つだけおかしいところがありますが、分かりますか。

正解は、トラックパッドの色です。(通常は白色)

P1000040 拡大写真がこれ。結論から言うとテフロンシートを貼りました。

ジャンク品(当然安い)と書いてあるのに、勘違いした店員が検品してから渡してくれたものですが、トラックパッドの表面が半分以上剥離していました。

壊れてはいないのですが、やはり滑りが悪くて不便です。そこで、保護フィルムを探しましたが、iBook G4が現役のときはまだしも、今となっては専用品は見つかりません。MacBook用を切って使えばよいのですが、値段の割に効果も??のようです。

P1000041 いろいろ調べた結果、東急ハンズでこれを購入しました。3Mのテフロンテープ#5490で、カット済みのシートタイプです。(値段忘れました)

本当はもっと厚手のものがよかったのですが、0.09mmしか市販されていないようです。

まず型紙を作り、それに合わせカットしたものを貼りますが、台紙から剥がすとすぐに丸まってしまうので、端から慎重に貼ってください。

結果として、誤動作も激減しMacBookのものより快適なくらいです。ま、あくまで私個人の印象ですけど。人に見せると、「かっこわるい」の一言ですが、私は実用主義なので気にしません。

あと、マウスの裏に貼る使い方もありますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

時には昔のマックを

「時には昔の話を」は、加藤登紀子さんが「紅の豚」のエンディングで歌われました。

Mac miniの話が続いたので今回は小休止。

このブログもやっと形になってきたので、各種ブラウザでの表示結果を確認していたときに思い出しました。このMacBookには、いまだ戦い続ける老兵がいたことを。豚じゃありません。

Sheepshaver01 Classic MacであったMac OS 8.6です。

PowerPCエミュレータのSheepShaverを使って稼働しています。まだTigerであったときにインストールしたものですが、どうしてもTCP/IPが動作せず、ネットワークは諦めていました。

Leopardの移行アシスタントにより、そのまま引き継がれていたわけですが、起動してみると...

...あれ、つながってる。なんで???

というわけで、Internet Explorer 4.5を立ち上げ、ブログをチェックしてみました。Flashや一部の画像はダメですが、ブログ本体はしっかり表示されていました。

SheepShaverに興味のある人は

http://www.katch.ne.jp/~kakonacl/douga/sheepshaver/sheepshaver.html

このリンク先を参考に頑張ってみてください。私がインストールした当時は詳しい日本語のサイトが無く、英語と格闘しながら作業したものです。

蛇足ですが、上記サイトの作者の方のMac OS 9.0は不安定なようです。私の8.6は問題ありませんが、別に選んだわけではなく、ほかに持ち合わせが無かっただけです。

P.S. 全文検索を設置する都合で、さらにデザインを変更しました。


(4/30追記)

開発は止まっていると思っていましたが、最新版が存在していました。

http://www.emaculation.com/forum/viewtopic.php?t=5567

エミュレータ本体と設定ツールがありますが、最新版では設定機能が本体に組み込まれています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)