Time Machine

2011年11月26日 (土)

Back to the Previous

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場するデロリアン改造のタイムマシンは、完成当初の動力源がプルトニウムでした。核物質に対して無頓着な国民性を痛感させられました。

先日、10年前の「CSI:」Season 1を見たところ、凶器であった陶器の人形にウランを含む釉薬が使われていた描写がありました。私自身もそれを見た当時は気にも留めていませんでした。捜査官が過度に警戒する演出となっていましたが、時代は変わるものです。


Time Machineのイメージが検証に失敗したとお約束の警告が... AirMac Extremeのファームウェアを7.6にアップデートして以降、どうにも挙動不審です。AirMac ディスクとしてマウントしても、突然接続が解除されるようなこともしばしば。Time Machineに設定した2TBのHDDをMacBook ProにUSBで接続して調べてみると、いくつかのフォルダに読み出しのみのアクセス権が勝手に設定されていました。確信は持てませんが、ディスクの検証やS.M.A.R.T.にも異常は見られないので、ファームを戻すことにしました。

Airmac742 AirMac ユーティリティにファームのリストが残っているので、7.4.2を選択するだけです。ちなみに7.5.2は、再起動に失敗する、設定変更が保存されない、などのトラブルがあったのでパス。

 

AirMacの再起動後、2TBをマウントして次はTime Machineの再構築です。

Tm_image02 ディスクユーティリティで空のディスクイメージを作成します。

 

Tm_image03 上の名前は自分のMacのコンピュータ名、下の名前はマウントしたイメージのボリューム名です。気になる人は、Time Machineを自動作成してからコピーして下さい。

ここで容量を設定することで、Time Machineのバックアップに上限を設けることができます。私は256GBのSSD (C400 0009)に対して400GBで設定しています。

 

Tm_image01 正常なイメージから、パッケージの内容を表示してcom.apple.TimeMachine.MachineID.plistを新たなイメージにコピーします。

さらに、Info.plistの"情報を見る"から、"ロック"にチェックを入れます。これをしないと、Time Machineが勝手に容量制限を解除してしまいます。

 

このイメージをTime Machineに設定したHDDにコピーすれば終了。実際には空のイメージ(空と言いつつなぜか400MB以上もあります)を作成済みだったので、バックアップ不能になったイメージと入れ換えただけです。

今回は初回バックアップを無線LANで敢行(いつもはUSBやFireWireで直結)、220GBの転送に16時間でした。(バックアップ中も本体使用を続行)


今月はトラブル続きで疲れました。(ブログのネタには事欠きませんが...)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月27日 (水)

三百六十五歩のマック

バージョンを上げて、下げて、上げて、下げて、上げて...

ちなみに、先日のJ-WAVEでは香取慎吾の歌うカバーバージョンが流れていました。


1ヶ月前にアップデートを断念した10.6.8がv1.1となったので、再挑戦しました。Combo Updateをダウンロードしてからインストール開始、無事に更新が完了し前回のようなトラブルも発生しません。ほっとしたところで、ソフトウェア・アップデートがSafari 5.1への更新を検出したので、そのままインストール...

ところが、再び"DMProxy"が出没を始めました。どうやらSafariが犯人だったようです。仕方なく、5.0.5を入手しPacifistで上書きしましたが、解消されません。ここに至り、Time Machineでシステムを復元することを決断しました。

P1000358 HD-HSIU2(中身は2TB)をFireWireに接続します。ただ、手持ちの変換ケーブルでは届かなかったので、LaCieのケース(中身はC300 128GB)で中継しました。右のポートが本体からのFireWire 800で、左がHDDにつながる400です。

 

P1000356_2 前回の記事でmicroSDHCに作成した、Lionの起動ディスクを使いました。USBのカードリーダーで起動しますが(内蔵スロットを使わない理由はこちら)、こういったリードオンリーの用途なら速度も問題ありません。

以前のOSではバックアップの一覧には一部の日付しか表示されませんでしたが、Lionでは全てのポイントから復元可能なようです。(私は間隔を3時間に設定

 

P1000357 復元が始まり、残り時間の予想が表示されますが、いつものように当てになりません。私は放置したまま外出してしまったので、約240GBの復元に要した時間は不明です。(4時間は超えないはず)

帰宅後MacBook Proを覗くと、勝手に10.6.7が起動していました。

 

その後、10.6.8へ再々更新し、Safariは5.0.5のままで落ち着きました。セキュリティ上の心配もありますが、私はSafariを使わないので構わないでしょう。

今回の作業(事故?)により、内蔵のC400 (256GB)に概算で300GBほど書き込んだので、S.M.A.R.T.にも変化がありますが、そちらは来月の定例報告で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

失われた過去

突然、Time Machineが記憶喪失に。ディスクイメージが検証に失敗したため、これ以上のバックアップが禁止されてしまいました。再構築のために、約200GBのバックアップがUSB経由で3時間。ついでに、セキュリティアップデート 2011-003も実行しました。


冒頭の事故処理の影響で、今月の定例報告は主だった使用機種のSSDのみとなります。

Jmon11_jun03 TS32GSSD25-M

Average Erase Countが85増加しました。約90GBGB/dayのブロック消去となり、先月より上昇傾向にあります。

これはCT64M225のファームアップに際し、SSDを認識させようと再起動を繰り返した影響かもしれません。

 

Jmon11_jun02 FTM28GL25H

AECの増加4から計算したブロック消去の平均が約17GB/day。

本来は有効数字1桁の計算ですが、初期ファームのJMicronと比べた傾向を知るには十分です。

 

Jmon11_jun01 C400 256GB (0001)

#173(AD)の値、つまりAECが4増加。上昇間隔は150GB、190GB、150GB、220GBと変化しました。TRIM有効の環境下では、Write Amplificationが2を超えることはないようです。

 

SSDの報告はここまで。次は問題のTime Machineです。

Jmon11_jun05 WD15EADSをBUFFALOのケースに収め、普段はAirMac Extremeに接続しています。

Western Digitalの場合、S.M.A.R.T.情報のC5とC6が重要視されますが、共にRawデータにカウントが見られます。万一に備えて、WD20EARSを準備しました。

 

Jmon11_jun04 もう一方のWD10EACSは無事なようです。かつては、これがTime Machineに設定されていました。

さらに一台、WD10EADSもAirMac ディスクとして使用中ですが、こちらはS.M.A.R.T.取得に失敗しました。全く同一のケースを使っているので、原因はさっぱりです。

 

Time Machineのイメージ再構築の顛末は、自分の外部記憶としても必要なので、いずれ記事にするつもりです。現在、1.5TBのHDDはセクタースキャンの真っ只中。

C400については、10.6.8のアップデートを境にTRIM無効の観察に移る予定です。アップデートにより"IOAHCIFamily.kext"も更新されるので、勝手に無効になるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月31日 (火)

「怪しい伝説」

メントスガイザーの実験が有名かと思いますが、個人的にはナイトライダーの実証が良かったですね。トランザムで走行中のトレーラーに乗り込む実験でしたが、素人の運転であっさりと成功していました。

念のために書きますが、ディスカバリーチャンネルの番組です。

 

というわけで、私も負けずに世界初かもしれない実験を。

SSDのfirmwareのアップデートをMacBookで敢行しました。くれぐれも、皆さんは真似しないで下さい。と、一応書いておきます。(責任回避)

用意したもの

1. MacBook (MA700J/A)

2. SuperTalent MasterDrive OX 128GB (FTM28GL25H)

3. USBのフロッピードライブ

4. フロッピーディスク

P1000053 今回はThinkPadの純正オプションを流用しました。

これで起動させるわけではないので、なんでも構わないでしょう。

 

 

Cdburnerxp01 まず、ParallelsのXPを起動してFDDを接続します。

メーカーサイトからダウンロードしたZIPファイルを解凍します。

http://www.supertalent.com/support/driver_download.php

起動ディスク作成のオプションでフォーマットして、すべてのファイルをルートディレクトリにコピーして下さい。

Cdburnerxp02 ライティングソフトを用意します。私はCDBurnerXPを使いました。

http://www.cdburnerxp.se/

データディスク作成の画面を出して、ブートオプションを開きます。

Cdburnerxp03 フロッピーイメージの作成を押して、先ほどのディスクからイメージファイルを作ります。

 

 

Cdburnerxp04 ブートイメージへのパスの選択で、いまのファイルを指定します。

ほかのオプションはそのままで、OKを押して閉じて下さい。

あとは、書き込みボタンを押してCDに焼くだけです。

P1000048 いよいよCDから起動です。いつも通り"option"か"c"を押したまま、MacBookの電源を入れて下さい。

MS-DOSの画面になったら、メーカーのユーティリティのファイル名を入力します。この場合は"sataisp"です。

P1000049_2 続行するかどうか聞かれるので、"y"を押します。

 

 

P1000050 書き込み不可(CDだから当然です)のエラーが表示されるので、"r"や"f"、"a"を何回か押すとスキップされます。もし、プログラムが終了してしまったら、起動からやり直して下さい。

 

P1000051 アップデートが始まります。ご承知でしょうが、ここでは絶対に何もしないで下さい。

 

 

P1000052 リードライトテストに合格した表示がされたら、アップデートは終了です。

 

 

SSDのファームを書き換えると、完全に初期化されるので中身は空っぽになります。Macの皆さんはTime Machineやディスクユーティリティの復元を使って、バックアップからシステムを復旧しましょう。

私はAirMac ディスクのTime Machineから復旧するつもりでしたが、「完全なシステムのバックアップがありません」と、なぜか言われてしまいました。そこで、AirMac ExtremeからHDDを外して、USBでMacBookに接続してから復旧させました。Time Capsuleだとできない芸当ですね。約80GBの転送に1時間40分ほどでした。

 

Sptl_update01 Sptl_update02

 

 

これが、アップデート後のベンチマークです。

見た目には、何も変わらないようです。以前のSSDやTime Machineの状況は、同じカテゴリーの過去の記事をご覧下さい。ちなみに、ディスクユーティリティで見た総容量が、119.4GBから120.4GBに増えていました。

 

今回はMacでDOSなどと、怪しいことをやってしまいました。

ただ、速度低下したSSDをMacで復活させる方法にもなると思いますので、もしお困りの方は自爆覚悟で... (もっとも、Macでは速度低下の話を聞きませんが)

 

(4/7追記)

OCZのVertexはWindows上のツールのため、こんな方法でファームを書き換えた人もいました。

http://www.ocztechnologyforum.com/forum/showthread.php?t=53688

BartPEの起動テストをしたことはありますが、この人も無茶しています。

(4/14追記)

IntelのX25-MおよびX18-Mもファームウェアが公開されました。

http://support.intel.com/support/ssdc/index_update.htm

こちらはCDのISOですから、Macでもアップデートできます。(NVIDIAで045C8610の場合を除く)

(4/18追記)

ベータ版ながら、VertexのアップデートツールもISOになりました。ファクトリーモードのジャンパも要らず、データも残ります。ただし、1275から1370へのアップのみに適応。

http://www.ocztechnologyforum.com/forum/showthread.php?t=55054

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

サンバでGO!! タイムマシンは無線式

私はジャン・レノのファンなので「WASABI」のほうが好きですが。秋葉原の風景が、なぜか新宿とされていましたけどね。

 

さて、またTime Machineです。(懲りませんね)

調子に乗って、プロトコルがSMBだけのNASをバックアップ先に設定してみました。使ったのはBUFFALOのLS-L500GLです。(「NAS」カテゴリー参照)

Tm_smb01 まず、Finderのメニューの「移動」から「サーバーへ接続」を使って、NASをマウントします。

 

Tm_smb02 Time Machineに設定済みのUSBドライブからイメージファイルをNASにコピーします。

 

Tm_smb03 ターミナルを起動して、次のコマンドを実行します。

defaults write com.apple.systempreferences TMShowUnsupportedNetworkVolumes 1

 

Tm_smb04 上記の操作により、AFP以外のネットワークドライブもTime Machineが参照するようになります。

 

と、ここまでやってしまったあとで気づいたことがあります。LeopardのDVDから起動した場合には、このNASを参照してくれるはずもなく、システムの復元には使用できません。

これでは、Time Machineの価値が半減してしまいますが、ファイルの救出には使えますから、せっかくなので記事にしました。(はっきり言って自己弁護です)

 

(4/16追記)

Leopardインストール後に、移行アシスタントを使えば復元できますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

どこでも Time Machine

「どこでもドア」と「タイムマシン」、この2大アイテムは常に議論の的にされてきました。

Mac miniのLeopardはUSBの160GBにインストールしたことは先日書きましたが、さらに別の160GBのHDDを接続してあります。iBook G4と併せて、これにTime Machineを設定し、使い回しています。食品関連では大問題ですが。

元々、Time Machineに設定できるのは起動ドライブ以外の内蔵もしくはUSB、FireWireの外付けHDDだけでしたが、いつの間にかAirMac ディスクもサポートされていました。おそらくTime Capsuleのための対応ですが、私の1TBもその恩恵にあずかっています。

そこで、Mac miniにHDDを接続したまま共有化して、iBook G4から無線LANでTime Machineに設定できないかチャレンジしてみました。

Share04 まず、Mac miniから。

ファイル共有のオプションでAFPを有効にします。

 

Share03 アカウントはiBook G4と同じなのでそのままです。

これで共有ドライブになりました。

Share02 次に、iBook G4のFinderで共有ドライブをマウントします。

Share01 Time Machineの環境設定でバックアップ先に指定して終わりです。

とくに苦労もなく、設定できました。ただ、バックアップ開始前に手動でマウントが必要なようです。

なんだかLeopardがアップデートされるたびに、Time Machineの場所はどこでもよくなっていきますね。

最後に、Time Machineの容量制限をした1TBの結果報告です。

Share05 250GBに近づくと古いバックアップから削除されて、しっかり動作しています。私の場合は1週間ほどのデータが保持されました。

作業内容は「Time Machine」のカテゴリーを見てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月28日 (土)

Time Machine におねがい

こんな名前の名曲もございますが、引き続きTime Machineネタです。

当方のMacBookはParallelsでXPも運用しているため、そのイメージファイルが20GBあります。したがって、1回のバックアップが20GBを超えることが多く、その場合1時間以上かかります。

そこで、自動バックアップの間隔を1時間から3時間にしたいのですが、Time Machineにそのような設定項目はありません。検索するといくつかのフリーウェアで間隔を変更できるようですが、設定ファイルを直接書き換えることにしました。

Timemachine11 ターミナルを起動して以下のコマンドを実行します。

sudo vi /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.backupd-auto.plist

パスワードを聞かれるので、入力します。
viエディタが起動するので、使い方は各自でググってください、なんて言ったら話が終わってしまうので、手順を書いてみます。

Timemachine12 <integer>3600</integer>
この行の数値を変更するのでカーソルを合わせます。単位は秒なので、現在は1時間です。"x"を押せばカーソル下の文字が削除できます。

Timemachine13 "i"で挿入モードになるので、新たな数値を入力します。今回は3時間に変更したいので、10800です。




Timemachine15 "esc"キーで挿入モードを解除し、":w"と入力して"enter"を押せば保存できます。同様に":q"で"enter"がviエディタの終了です。




Timemachine14 Leopardを再起動すると設定が変更されますが、Time Machineの環境設定では1時間のままの間隔で表示されてしまうようです。

念のため数回のバックアップの時刻を確認したところ、間隔は3時間になっていました。ちなみに容量はまだ140GBなので、250GBの容量制限の最終確認はちょっと先になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月26日 (木)

Time Machine のダイエット

先日、BUFFALOのHDDケースの話を書きましたが、個人的に2個を1TBに換装して、AirMac ExtremeにUSBで接続し、NASとしています。フォーマットはHFS+ですがWindowsからもSMBで利用できます。

1個をTime Machineに設定しているのですが、なにしろ大飯喰らいで、128GBのSSDのバックアップが気づいたら800GB以上の肥満状態になっていました。このままメタボを放置できないので、一旦バックアップを削除し、Time Machineの容量制限を試みました。

Timemachine01 まず、通常通りにTime Machineのドライブを設定します。



Timemachine02 バックアップが開始されたら中止し、作成されたディスクイメージをダブルクリックしてマウントします。


Timemachine03 ディスクユーティリティを起動してイメージのサイズ変更をしますが、仮想ドライブをマウントしたままでは選択できないので、一旦取り出します。



Timemachine04 これでイメージのサイズ変更ができます。





Timemachine05 このまま、「パーティションとイメージのサイズを変更」を選択すれば問題ないと思ったのですが、なぜかサイズを変更しても結果に反映されず、元の容量のままです。
そこで、もう一度イメージをマウントし、希望のサイズでパーティションを作成してから、「イメージのサイズだけを変更」を選択して容量を縮小しました。今回は1TB弱から250GBほどに変更しました。起動ドライブの約2倍です。

Timemachine06 結果として、パーティションはこのようになりました。バックアップも順調ですが、容量制限いっぱいになったときにどうなるか、ちょっと心配なので、また後日報告したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)