Windows 7

2013年7月18日 (木)

ASUS in Wandering

「アリス・イン・ワンダーランド」はティム・バートンとジョニー・デップがコンビを組んだ作品の一つです。もちろん、ジョニー・デップの代表作は「パイレーツ・オブ・カリビアン」となりますが、私の印象に残るのはウィノナ・ライダーと共演した「シザーハンズ」です。これは彼ら初コンビの作品でもあります。


目の前にASUSのEee PC 901-16Gがあります。私ではなく知人所有の機体ですが、購入した本人もほとんど使用することなく、人の手を渡り歩いていました。ようやく持ち主の元へ帰ってきたので、OSのリカバリーをすることになりました。MLC 16GBのSSDも換装したいところですが、以前手掛けた1005HR-WSと異なり専用モジュールなので、コストを考え見送り。代わりに、開店セール中の近所の家電量販店で16GBのSDカード(I-O DATAのBSD-16G10)を調達しました。

Bsd16g10_bench01 まずは、私のMacBook ProでSDカードの速度を確認。内蔵のカードスロットは当てにならないので、USBのカードリーダーを用いました。

表記どおりのClass 10の速度が確認できました。SSDではないので、これ以下のテストブロックの速度には期待してはいけません。

その後、HP USB Disk Storage Format Toolで初期化して、念のためパーティションがアクティブであることを確認しました。

 

Eeepc901_win7_01 添付のDVDからXPのリカバリーをするだけでは芸が無いので、今回はWindows 7 Professional 32bit版(使えるライセンスがこれだけ)のインストールを実行します。

せっかくSDカードがあるので、マイクロソフト提供のWindows 7 USB/DVD ダウンロードツールを使ってISOファイルからSDカードにインストール環境を転送しました。この作業はLenove G570(SSD換装済み)のカードスロットを使っています。

 

P1130102 次に、BIOS画面でBoot Boosterを無効にします。

これを行わないとSDカードからの起動ができません。

 

P1130103 再起動してESCを押し続けると、ブートデバイスの選択画面になります。

901内蔵のカードスロットはUSB接続のようなので、下段を選択します。

 

P1130104 無事にSDカードから起動して、Windows 7のインストールが開始されました。

あとは通常の手順に従って進めるだけです。

 

P1130105 とくに必要なデータも残っていないので、先頭のパーティションをそのままフォーマットしました。

2番目の31.0MBと表示された領域は、おそらくBoot Booster用なので触らないほうがいいでしょう。

 

P1130106 ファイルのコピーが始まれば、ただ待つだけです。

ただし、世代の古いMLC搭載のプチフリSSDですから、SDカードからのインストールでも時間が掛かります。

 

無線LANも標準で有効になるので、プロダクトキーの入力など初期設定が終われば、サービスパックや各種ドライバのセットアップを開始します。これらも、G570を使ってSDカードにコピーしました。ASUSのサイトからダウンロードしたドライバはACPI、VGA、TouchPad、Instant Key Utilityの4つです。

Eeepc901_win7_02 これはTouchPadのドライバです。

XP用を流用するので、"管理者として実行"または"互換性のトラブルシューティング"のどちらかを選択しながらインストールを進めます。

 

Eeepc901_win7_03 再起動するとデジタル署名の警告が表示されるので、"常に警告"のチェックを外して実行します。

 

その後、Windows Updateの重要な更新が全て完了したときには、内蔵SSDの空き容量は約3GBとなっていました。本体のメモリは2GBに換装済みなので、休止状態を無効にするなど少しでも節約すべきかもしれません。

ただ実験段階の運用なので、そのうちLinuxでもインストールされてしまうかもしれませんが。


901ssd_bench_01 これは内蔵SSDのベンチマークです。

この数値を見るとFlashFireを導入したくなりますが、実は失敗しました。0.a0f0002ともに必ずスタートアップ修復となり、復元ポイントに戻されてしまいます。

32bitのWindows 7での導入は今回が初挑戦でしたが、64bitでは以前に0.99が成功しています。機会があればそちらも実験してみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

5と7の物語

この数字から一般人が連想するものは短歌や俳句であって、素数は少数派でしょう。つい先日のNHKスペシャルはリーマン予想に関するものでした。番組の内容にもあったように、ネットの暗号鍵にも関わる問題ですが、やはり一般受けはしないでしょう。私としては歓迎ですが。遡れば、ポアンカレ予想も取り上げており、このような番組構成をするNHKは貴重な存在です。


白々しい前置きはこれくらいにして、そろそろ本題へ。

Mac miniの内蔵SSDにはWindows 7 (x64)がRC版のまま居座っています。(Boot CampではなくNTFSの単一パーティション) LeopardやTigerはUSBのHDDに同居中で、そこに居候したParallelsはSSDのパーティションを流用しています。そのParallelsを4.0から5にアップグレードしてみましょう。前回の記事と併せてご覧下さい。

7para5_01 アップグレード前にエクスペリエンス インデックスの計測をしました。やはり、グラフィックのパフォーマンスが最も貧弱です。

 

インストール作業自体は非常に簡単なので説明を省きますが、前回とは別のトラブルに見舞われました。

7para5_03 起動パーティションを認識できずに、仮想マシンのBIOS画面から先に進みません。そこで設定を見たところ、"Boot Camp Disks"にあるはずのないドライブが表示されていました。画面ではすでに消えていますが、同じ名前で(disk0)の表記が無いものです。

念のため、Leopardを再起動しドライブの選択をやり直したところ、無事に起動しました。その後、誤認識したドライブ名も消えていました。

7para5_02 再び、インデックスの計測です。

とくに3Dのパフォーマンスが向上していますが、やはりAeroは有効になりませんでした。GMA950では駄目なようです。もちろん、Parallels 5を使わずにWindows 7を起動したときはAeroも使えます。

 

7para5_04 ディスクのパフォーマンスも若干ながら向上していたので、ベンチマークを取ってみました。

以前の検証に比べ、NTFSへのアクセスも大幅に改善された模様です。

 

ちなみに、Parallels 4.0ではParallels Toolsをインストールしてもサウンドが有効にならず、小細工が必要でしたが、今回はそのようなことはありませんでした。(正式対応だから当然ですが)

いまだにRC版で運用しているので、いい加減に製品を購入しないと駄目ですね。そのうち、新たなSSDと同時にDSP版も購入することにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月29日 (土)

政権交代の刺客

Snow Leopardの背後にはWindows 7が迫っています。Snow Leopardの存在が7の開発を加速させたとも言えますが。ここ最近は、ブラウザやOSの開発が健全化しつつあるので、喜ばしい限りです。


Mac miniのSSDにWindows 7 (x64 RC)をインストールした際に、LeopardのDVDに付属するBoot Campのインストーラは使用できませんでした。こちらの記事のように、各ドライバを手動でセットアップしたのですが、Snow LeopardのDVDを用いて再挑戦してみました。

Slbc01 やはりオートランは通用しなかったので、フォルダ内のBootCamp64.msiを右クリックして「互換性のトラブルシューティング」を選択しました。

 

Slbc02 「バージョンチェックをスキップ」が自動選択されるので、「プログラムの開始」をクリックします。

 

 

Slbc03 Boot Campのインストーラが起動しました。

あとは自動進行されるのを見ているだけですが、途中で何度かアクセス権限の確認があります。

 

Slbc04 無事にインストールが完了しました。

ただし、一つだけ問題発生。ParallelsのためにインストールしたRealtekのオーディオドライバが自動削除されてしまいました。もっとも、Parallelsから起動すれば自動的に再インストールされるので、大した問題ではありませんが。


Boot Camp アシスタントを使っていないせいもあって、Windows 7の起動は毎回"option"キーを使っていましたが、今回の作業により起動ドライブの固定が可能になりました。

また新たに、WindowsからHFS+のパーティションへのアクセスも可能になりました。(ただし、リードオンリー)


しかし、この期に及んでもインストーラをWindows 7に対応させないアップルの意図は分かりかねます。10月22日までにはアップデートされることを祈りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月13日 (木)

似て非なるもの FlashFire番外編

BUFFALO提供のTurboSSDが1.03βで64bit対応になりました。Mac miniのSSDがCSSD-SM30NJですから、これで実験してみましょう。ちなみに、32bitは1.02が正式版となっています。


インストールは、ダウンロードしたファイルを起動するだけなので簡単です。Windows 7 (x64 RC)にFlashFireで挑んだときは話が複雑でしたが、こちらは無事終了しました。

Tbssd03 スタートメニューからTurboSSDを起動したところです。

ここで機能を有効にします。ただし、私のSSDはCFD販売の商品ですから、デフォルトからの設定変更は出来ません。

 

Tbssd01 ちょっと心配だったので、デバイスマネージャーで確認してみました。

無事に動作しているようです。ドライバ署名が無いので、テストモードでの起動が必要かもしれません。私は常時テストモードなので気付きませんでした。

 

Tbssd02 ベンチマークを見た限りでは、効果は微妙かもしれません。4Kのランダムアクセスの向上もわずかです。

主眼は速度よりもプチフリの抑制ですが、Windows 7自体があまりプチフリしないので、どうでしょうか。

Tbssd04 3万個の解凍は標準機能で17分でした。つまり効果無しです。

また、7-Zipでも1分35秒でFlashFireに劣ります。

Tbssd05 TurboSSDが無効だと3分16秒だったので、この点での効果は確認できましたが、プチフリが発生しました。とくに、32MBのバッファからあふれた瞬間の速度低下が顕著です。

もちろん、FlashFireでも7-Zipの解凍中にプチフリしますが、比較的軽症です。


今回は、TurboSSDの利点が見当たらない結果となってしまいましたが、Windows 7で64bitという限られた環境ですから、判断は早計かと思います。ただし、インストールが非常に簡単な点はありがたいですね。

32bitとくにXPでの評価はいかがでしょうか。皆さんのご意見をお待ちします。


(8/26追記) 1.03も正式版になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)

新たな時代の到来を前にして

総選挙も控えたこの時期に、アップデートが続きました。おそらく、Snow LeopardやWindows 7の出荷を見据えたものでしょう。


まずは、Leopardの10.5.8から。

MacBook

ソフトウェア・アップデートを使って、2回の再起動で完了。

Mac mini

2回目の再起動中に無反応になったため、パワーボタンを長押し。10.5.8で無事に起動。

念のためにCombo Updateで再挑戦したものの、やはり状況は変わらず。

iBook G4

MacBookと同様に、2回の再起動で無事に完了。


10.5.7のアップデートの際にMacBookのvrxが使えなくなりましたが、今回はRD-H1から転送開始するものの、途中で接続が切れてしまいます。


次に、Windows 7のXP Modeです。BetaからRC版になりました。

Xpmode01 ダウンロードページにBeta版をアンインストールしろと書いてあったので、コントロールパネルから削除します。

 

Xpmode02 アンインストールするのは、プログラムおよび更新プログラムの2ヶ所です。

 

Xpmode04 若干速くなった気がしたので、ベンチマークをしてみました。以前より向上していますが、これがRC版によるものかFlashFireによるものかは判りません。

 

Xpmode03 ちなみに、XP Modeを起動する際にVT-xが無効だと怒られることがあります。Mac miniは以前にファームウェアのバグがあり、さらに私の機種はCore SoloからCore 2 Duoの換装です。しかも、Boot Campを使っていないのでSSDにEFI領域がありません。

原因がありすぎて根本的な解決には至っていません。ただ、私の場合は一度Leopardを起動してから、再起動でWindows 7を立ち上げると直ります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

炎の復讐戦

「ロッキー」や「ランボー」みたいなタイトルですが、要はFlashFireの64bitでのリベンジです。


いつものように、Mac miniのWindows 7 (x64 RC)を使います。現在は旧FlashPoint Beta5の64bit版なので、自作のツールで削除しました。以前のインストールの状況はこちらをご覧下さい。

まず、FlashFire099VistaAMD64.exeからffirex64.sysを取り出します。これには7-Zipを使いました。7-ZipはNSIS (Nullsoft Scriptable Install System)の解凍ができます。

Ff64w7_01 解凍された$SYSDIRの中のdriversにffirex64.sysがあるので、これのドライバ署名を書き換えます。

Driver Signature Enforcement Overriderの使い方は上記のリンク先を参照で。もちろん、Test Modeも有効にして下さい。

 

これで準備ができたので、FlashFire099VistaAMD64.exeを起動してインストールします。ただし、最後の再起動はキャンセルして下さい。再起動の前に、先ほどのffirex64.sysをC:\Windows\System32\driversにコピーします。改めて再起動すれば作業終了です。

Ff64w7_02 支援ツールでClusterSizeを2048に変更した後のベンチマークです。結果も悪くなく、3万個の解凍は17分から14分に短縮されたので、多少の効果はあるようです。

 

Ff64w7_03 ちなみに、7-Zipで解凍すると35秒でした。標準機能の解凍も見習って欲しいものです。

 

念のため、標準のデフラグやDefragglerも試しましたが、ファイルが破壊されるようなことはありませんでした。

従来のようにsysとinfファイルだけなら、こんな苦労は無かったのですが、テスト段階でインストーラは非常に邪魔になります。開発者のお考えは分かりませんが、一応お伝えしました。


(8/4追記)

インストーラがffirex64.sysをSysWOW64にコピーしていました。レジストリの登録はSystem32なので、これでは動きません。

"chkdsk /r"の実行からも生還しました。


(8/18追記)

こちらにインストーラを撤去したファイルがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

にがく危険な香りのFlashFire

「あまく危険な香り」は山下達郎さんのシングル曲ですが、「にがく」なった原因はいかに。


Windows Vista/7および64bit対応のFlashFire 0.99が試験的にアップされました。いかにも危険な香りが漂っていますが、前回失敗したWindows 2000のX22で再挑戦してみましょう。

Ffw2k01 期待どおり、インストーラのXP限定は解除されていたので、2000にもインストール可能でした。

 

Ffw2k02 機能はBeta5相当だそうです。

レジストリをチェックしたところ、LowerFilter versionでした。

 

Ffw2k03 ClusterSizeを2048に変更して、ベンチマークを行いました。

悪くない結果だったので、このまま運用しようとした矢先、思わぬ事態が発生しました。

 

スタンバイが使えません。以前のBeta5のテストで判っていたはずなのに、間の抜けた話です。やむなく、Beta5のUpperFilter versionに戻しました。FlashFireのアンインストールはコントロールパネルから行います。


さらに、Mac miniのWindows 7 x64 RCでAMD64のインストーラを試しましたが、もれなくスタートアップ修復に。ドライバ署名を書き換えても同様です。開発者はBeta5相当と言っていますが、FlashFireへ変更する際に何かミスをしたのかもしれません。


今回は2連敗を喫する苦い経験となりました。ついでに開発者に苦言を呈させていただくと(非常に恐縮ですが)、AMD64とIA-64の区別ができていないようです。Yahoo!のグループの質問者がCore i7を使っているのに、IA-64のインストーラを使うように答えていました。


P.S. 新型X25-Mの負荷テストはもう少しお待ち下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月30日 (土)

「君の名は」

連続テレビ小説での主演は鈴木京香さんでした。ただ、映画「ゼブラーマン」のときの衣装はちょっと...

今回はWindows 7 (x64 RC)とFlashPointのその後です。


Mac miniに64bit版のBeta5をインストールしたのち、Windows Updateによりチップセットドライバが更新されました。

W7fpb5_02 945GM(Mac miniはCPUもモバイル用です)のドライバでPrereleaseとあります。RCやBetaに続いて、また非正規版の呼び名が出てきましたが、いまさら躊躇しても始まらないのでインストールしました。

 

W7fpb5_01 再起動後の挙動に微妙な変化が感じられたので、ベンチマークをしました。

若干の速度の向上が、ライトの値に見て取れます。ところが、4KB3万個の解凍は17分と悪化していました。

 

W7fpb5_03 これはXP Modeです。

FP導入前より明らかに速度が低下しました。Parallelsもそうですが、FPは仮想環境と相性が良くないようです。

 

W7fpb5_04 FPを一時的に無効にするため、レジストリを操作しました。

"Disable"の値を0から1に変更すると、アンインストールせずに機能を停止できます。

 

W7fpb5_05 FP無効だと、ドライバのアップデート前後でベンチマークに変化はありません。詳細情報にも更新の内容は記載されていませんでした。にもかかわらず、3万個の解凍時間は18分で、やはり悪化していました。

FPの効果も微妙だったことになります。

 

今回のアップデートは良し悪しがさっぱり判らない結果でしたが、機能上のトラブルは無いので良しとしましょう。


こちらのほうが重要ですが、FlashPointのブログが早く修正されるといいですね。(多忙なのかな) 海外の方々がサイトの移動先を知らないようなので、ダウンロードページはまだ残しておきます。勝手なリンクは迷惑かもしれないので。

(6/2追記) 開発者のサイトが復旧しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

硫黄島からのFP

私の趣味としては、かつてTBSで放映された「織田信長」の渡辺謙が非常に印象的でした。


FlashPointの作者が試験的に64bit用のBeta5バイナリをアップロードしてくれたので、Mac miniのWindows 7 (x64 RC)でチャレンジします。できれば玉砕は避けたいところですが...

Fp64_01 まず、導入前のベンチマークです。

なんだか、また劣化しているようですが、気にしないことにしましょう。

 

Fp64_02 アップされたのはamd64とia64の二つのバイナリだけなので、通常のBeta5にamd64のdiskfp.sysを上書きして使います。

 

 

Fp64_03 installSSD.infを右クリックしてインストールを選択して下さい。

途中でdiskfp.sysのパスを聞かれます。

 

 

これで終了です、と言いたいところですが、このままではドライバ署名が無いので動作しません。起動時の"F8"でドライバ署名の強制を無効にしてもいいのですが、毎回操作する必要があります。

http://d.hatena.ne.jp/testa021/20090510/1241938821

そこで、こちらの記事を参考にさせていただきました。

Fp64_04 Driver Signature Enforcement Overriderを起動してSign a System Fileを選択、diskfp.sysをフルパスで指定します。

そして、Enable Test Modeを選択後に再起動です。

いよいよ玉砕か生還か、その時が来ました。(NHK風に)

 

Fp64_05 無事にテストモードで起動しました。

気のせいか、若干速いかもしれません。

 

Fp64_06 4KBのランダムライトが向上しているので、正しく動作しているようです。ただし、導入前からプチフリを見ていないので、効果のほどは疑問ですが。

 

 

Fp64_07 4KB3万個の解凍も15分かかり、効果はありません。ちなみに、XP Modeでの解凍は3分に短縮されました。ところが、ごみ箱へ移動中にプチフリが...(止まるのはXPの中だけです)

 

Fp64_08 レジストリも確認しました。

当たり前ですが、前回の検証と同じです。

 

正直なところ、JMicron搭載のSSDでもWindows 7ならプチフリが抑えられているので、FPの効果は薄いです。さらに、このパーティションでParallelsを起動すると、明らかに速度が低下しました。ベンチマークをするまでもなく、Macの人はやめておきましょう。


参考までに、起動の様子をどうぞ。

 

P.S. Defragglerからも生還しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

眠り猫 再び (後編)

今回は、NTFS領域を使ったParallelsのその後です。


Windows 7が起動したら、まずはParallels Toolsのインストールです。細かい点についてはこちらの記事をご覧下さい。ちなみに、Windows 7を通常起動したときのシステム環境も保持されます。(ライセンス認証を除く)

これでネットワークもつながるはずですが...

ワークグループに接続できません。インターネットはつながるのに、なぜ???

Bcpr09 結論としては、仮想マシンのアダプタの設定をShared NetworkingからBridged Ethernetに変更、さらにIPアドレスを手動で固定しました。(Macとは違うアドレスにして下さい)

 

これで機能面の問題は解決したので、次にベンチマークです。

Bcpr10 はっきり言って、ボロボロです。

仮想ドライブでなく、実際のNTFSパーティションから起動したので、こちらと同じ結果を期待したのですが、とんだ誤算でした。

 

ParallelsはMacFUSEの機能を使ってNTFSにアクセスしていると思われますが(一緒にインストールされます)、これが遅いのではと考えました。

そこで、ちょっと実験を。

まず、NTFS-3Gをインストールしました。これはMacFUSEを利用したファイルシステムで、LeopardやTigerからNTFSに直接読み書きできます。この状態で、Macからベンチマークを実行しました。

Bcpr11 Bcpr12 やはり、惨憺たる結果でした。

これに加えて仮想マシンであることで、あのような速度になってしまうのでしょう。

 

SSDでこの有様ですから、HDDではさぞやと思ってしまいます。プチフリは見ていませんが、Parallelsはイメージファイルから起動したほうがよさそうです。

Bcpr13_3 最後に一つだけ。

NTFS-3Gが有効だとParallelsがNTFS領域を認識しないので、システム環境設定から無効にして下さい。

 

 

P.S. XP Modeは起動できませんでした。(一つじゃないな)

| | コメント (0) | トラックバック (0)